PCR検査

リアルタイムPCR

羊水検査の確定検査用の機械です。

リアルタイムPCRでは目的の遺伝子配列分子を指数関数的に増幅させて、その遺伝子が存在するかしないかのみならず、その量を測定することが可能です。
全染色体全領域部分欠失・重複疾患がNIPTで確認された際に羊水検体をリアルタイムPCRを使うことよって、その領域の遺伝子の量(copy number variation以下CNV)を測定することができます。

染色体トリソミーの際にも、遺伝子の量を測定しモザイクの状態がどの程度なのかを測定することも可能です。
Gバンドでは羊水中の胎児細胞を培養した後に、ギムザ染色でその染色体の状態を調べるのですが、リアルタイムPCRではトリソミーを有する染色体内の遺伝子の量を測定することによってそのモザイク率をを推定することが可能にないります。
正常が2であるとすると、完全なるトリソミーが3であるのに対し、50%モザイクの場合には2.5となります。



リアルタイムPCRの測定機序は以下のとおりです。

蛍光試薬を使用して確認をします。
プローブといって標的遺伝子と相補的な配列を持つ1本鎖DNAに発光色素をがついたものとクエンチャーと呼ばれるものがあります。

蛍光色素はクエンチャーに吸収されます。ポリメラーゼという酵素がプライマーから伸長し、DNAの合成が始まります。

ポリメラーゼによりプローブが分解されると蛍光色素はクエンチャ―から離れ、離れることにより距離が大きくなるためクエンチャーの吸光が制限されて蛍光を発します。

この蛍光が光ることにより目的の遺伝子の存在をリアルタイムPCR装置によって検出できます。
全染色体全領域部分欠失・重複疾患の確定検査のためにつかいます。羊水検査のためです

新型コロナウィルスのPCR検査について

東京衛生検査所では、新型コロナウィルスのPCR検査も行っております。

厚労省ホームページ利用者への情報開示

  • (1)お問い合わせ先
    • 検査機関名:東京衛生検査所
    • 名称:東京衛生検査所
    • 住所:〒112-0001東京都文京区白山2-2-11
    • 受付時間:9:00~18:00
    • メールアドレス:info-hi@human-investor.com
  • (2)自費による検査費用:13,000円(税込 14,300円)
  • (3)検査費用に含まれるサービスの内容:検査分析費、検体配送料
  • (4)検査実施する機関の種類:衛生検査所
  • (5)医師による診断の有無: なし
  • (6)医師の診断がない場合の要請の際に受けられる提携医療機関の有無:あり
  • (7)海外渡航用の陰性証明書の交付: 可
  • (8)検査方法:リアルタイムPCR法
  • (9)検体採取法:唾液
  • (10)検査時間:検査開始から結果の通知までに要する日数・時間1~2日(再検査も含む)
  • (11)11月25日現在 1500件
  • (12)その他
    • ・検査方法は、「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)病原体検査の指針」に準拠
    • ・精度の確保に係る責任者を配置
    • ・検査方法
  • 利用者様への説明事項

  • ① 発熱や咳などの症状がある場合は、身近な医療機関に相談してください。
  • ② 医師による診断を伴わない検査で結果が陽性の場合には、提携医療機関に被験者様ご本人の同意に基づき、検査機関から医療機関に検査結果(陽性)が報告されることがあります。または、ご自身で受診相談センターや身近な医療機関に相談してください。身近な医療機関に相談する場合は事前にお電話をしてください。相談の結果、再度医療機関で検査が必要となる場合があります。
  • ③ 医師による診断を伴う検査または連携医療機関等の医師により新型コロナウイルスに感染したと診断された場合には、医師が感染症法に基づく届出を行うことになります。
  • ④ 偽陽性・偽陰性の可能性があります。
  • ⑤ 検査結果は、検査時点での感染状況に関するものであり、陰性であっても、感染の早期のためウイルスが検出されない可能性やその後の感染の可能性がありますので感染予防に務める注意が必要となります。
ttom">