TCL

NIPT(新型出生前診断)とは

母親の血液中には、胎児の染色体のかけら(cell free DNA)が少量、含まれています。 この染色体のかけらを検査することにより、染色体疾患を見つけることが可能です。 この検査は非確定的検査ですが、染色体疾患の有無を調べる精度の高い検査法となっています。

東京衛生検査所が
お手伝いできること

地方に住んでいてNIPTを受けたい方に、妊婦様にとって検査の受けやすい機関を紹介できます。 妊婦様のご都合に合わせて事前説明を行います。ご希望の曜日・時間にご予約を承ります。

NIPT検査をご希望の妊婦さんへ

NIPT検査をご希望の妊婦様は、下記の流れをご確認の上、東京衛生検査所コールセンター(0120-806-182)にお問い合わせください。
なお、NIPT検査を受けることのできる施設(拠点)はこちらでご確認いただけます。

お問い合わせの流れついて

  1. 東京衛生検査所コールセンターに問合せ

    お名前・お電話番号・週数・PC環境などをお聞きします。

  2. モニターを通じた事前説明

    NIPT検査の内容から今後の流れについてご説明します。

  3. 検査機関ご案内

    お住まいのお近くの検査機関をご案内します。

  4. 予約確定

    予め検査日時を第3希望までお聞きします。検査機関に連絡後、日時が決まり次第患者様へご予約確定のご連絡いたします。

  5. 問診票の入力

    検査日の1週間前に問診票をお送りします。

  6. 受診

    同意書に署名後、採血となります。

  7. 検査結果通知

    検査結果はメールでご報告いたします。

このようなご要望の方は
ご相談ください

「つわりがひどいので近くで検査を受けたいのですが。」
「泊りで遠方まで検査に行くのは大変です。」
「自宅で説明を受けることできませんか。」

検査でわかること

21 トリソミー症候群(ダウン症候群)

両親から染色体を半分ずつもらう際に、何らかの原因で21番染色体が1本多くなる常染色体の数の疾患です。また、妊婦さんの高齢化も要因となっています。女児出生の800人に1人の頻度でみられます。
症状:知的障害・発達遅滞・筋緊張低下

18 トリソミー症候群

両親から染色体を半分ずつもらう際に、何らかの原因で18番染色体が1本多くなる常染色体の数の疾患です。出生児の約6500人に1人の頻度でみられます。自然流産となることが多い。男児より女児が多く、その割合は1:3です。
おもな症状: 胎児期からの成長障害・身体的特徴(手指の重なり・短い胸骨・振り椅子上の足)・先天性心疾患

13 トリソミー症候群

両親から染色体を半分ずつもらう際に、何らかの原因で13番染色体が1本多くなる常染色体の数の疾患です。出生児の5000~12000人に1人の頻度でみられます。
おもな症状:小頭症・頭蓋骨部分欠損・小眼球症・口唇口蓋裂・単一手掌線

モノソミーX症候群(ターナー症候群)

両親から染色体を半分ずつもらう際に、何らかの原因でX染色体が1本欠失や構造異常が原因の性染色体の異常が原因です。出生児の4000人に1人の頻度でみられます。女児では性染色体異常の中で最も多くみらます。
おもな症状:低身長・リンパ浮腫・首の後ろの腫れやたるみ・月経異常

トリプルX症候群(47、XXX)

両親から染色体を半分ずつもらう際に、何らかの原因でX染色体が3本(以上)になる性染色体の疾患です。女児の出生1000人につき1人の頻度でみられます。胎児にこの症候群が発生する可能性が高くなります。
おもな症状:一見して分る特徴はありません。軽度の知能低下がみられます。トリプルX症候群は、月経不順や不妊症の原因になりますが、正常な染色体を持ち、 身体的にも正常な子供を出産することもできます。X染色体が4本(47、XXXX)あるいは5本(49、XXXXX)と数が多くなるほど知的障害と身体障害があるといわれています。

クラインフェルター症候群(47、XXY)

両親から染色体を半分ずつもらう際に、何らかの原因でX染色体が2本以上となる性染色体の疾患です。男児の出生1000人に1人の頻度でみられます。
おもな症状:高身長・女性化乳房・無精子症

47、XYY症候群

両親から染色体を半分ずつもらう際に、何らかの原因でY染色体が2本になる性染色体の疾患です。男児の出生1000人に1人の頻度でみられます。
おもな症状:高身長・知的発達の遅れ
妊孕性はあり、一般的には、社会の中で通常の生活を送ることが可能です。

性別判定

性染色体には、X染色体とY染色体が存在します。男性はXY、女性はXXを持っています。
母親の卵子にY染色体をもつ精子が受精するとXYとなり男の子、母親の卵子にX染色体をもつ精子が受精するとXXとなり女の子となります。
性染色体の数的異常がみられた場合は、性別の判定はありません。

料金表

(O)
13,18,21番染色体検査
(A)基本検査
13,18,21番+性染色体(性別)
(B)
全染色体検査
(C)
(A)+微小欠失症候群
(D)
(B)+微小欠失症候群
(O)
13,18,21番染色体検査
¥148,000 (A)基本検査
13,18,21番+性染色体(性別)
¥148,000 (B)
全染色体検査
¥188,000 (C)
(A)+微小欠失症候群
¥210,000 (D)
(B)+微小欠失症候群
¥230,000

※一部地域では金額が異なりますので、お問い合わせ時にご確認ください。

お問い合わせ

(NIPT検査をご希望の妊婦様)