【論文】死や飢餓に対する人種? COVID-19 とそのアフリカ住民への影響

Melkamu Dugassa Kassa1 and Jeanne Martin Grace

要約

背景

中国の武漢市に生まれたコロナウイルスの流行が世界の健康と経済に与える影響は、破壊的なものであり、現在もなお続いている。 アフリカでは、この病気の原因ウイルスである COVID-19 によって、アフリカ諸国がかつてないほどの大量のカスロードと死亡に苦しんでいます。 この物語的レビューは、インフォーマル経済セクターへの影響、以下の予測を含め、アフリカにおけるパンデミックによって引き起こされた健康・経済危機の規模を確立することを目的としている。国内 GDP とその政治的側面に影響を与える。

方法

2020 年 1 月 8 日から 8 月 8 日までに発行された証拠書類は、Google Scholar、PubMed、Scopus、および Web of Science のデータベースから入手した。
また、適当なウェブサイト、政府文書、組織報告書、新聞の解説書、世界、地域、地域の疾病管理・予防センターが発行する報告書から、発表済みおよび未発表の抄録を検索した。

結果

COVID-19 のパンデミックは、アフリカにおける 4 つの危機の原因となっている。 (1)健康危機:2020 年 8 月 8 日現在、第一線の医療従事者の犠牲者、103.9 万人(12%)の死亡者が確認され、22人、966 人(2.4%)以上が死亡している。 死亡者数が最も多かったのは南部アフリカで 11,024 人(48%)、次いで北アフリカで 6,989 人(29.2%)であった。(2)人権侵害,治安部隊による市民殺害,犯罪の増加といった社会的危機。 その結果、社会的不平等、世帯の崩壊、社会不安の事例、一般的な貧困が悪化する。 (3) 経済危機。GDP の減少と大量の失業に象徴される。
(4.) 政治的危機:アフリカに適さない措置の実施、難民・移民の差別、国民の本国への避難、政治指導者への不信、国政選挙の延期、紛争・騒乱の増加。

結論

COVID-19 アウトブレイク中のロックダウンは、アフリカなどの開発途上地域では死亡や飢餓に対する人種であるのに対し、富裕国では予防メカニズムである。 政策立案者は、この増大する災害に対処するために、新しい地域に関連した予防・管理戦略を適用しなければならない。

キーワード:アフリカ、コロナウイルス病、経済的影響、GDP、政治危機、社会的影響

背景

COVID-19 によるコロナウイルス病の急速かつ世界的な蔓延は、世界が 1 世紀以上にわたって直面してきた最大の公衆衛生上および経済上の危機を引き起こしている。 これは、経済的地位にかかわらず、あらゆる人種、性別、宗教グループに影響を及ぼす[1, 2]。 世界中でこのウイルスが広く蔓延し、増加している背景には、労働、観光、貿易、国際旅行を通じた人々の移動が容易であることから、中国の武漢市から、以前は感染していなかった他の地域への人々の移動がある[3, 4]。 COVID-19 のアウトブレイクの有病率とそれに伴う罹病率および死亡率が劇的に増加していることから、社会生活の自由、旅行の自由、社会的結束、および世界のコミュニティの生産性には大きな限界がある[5, 6]。
2020 年 1 月 3 日、世界保健機関(WHO)は、この病気が中国内外に広がったことを受けて、この状況を世界の人々に宣言した。これを初めてパンデミックと呼び、限られた資源、脆弱な保健システム、そして彼らを襲おうとしていた健康危機を回避する準備が不足している国々を保護する必要性について、大きな懸念を表明した[7, 8]。 予備的な準備と対応活動を支援するために、補助的な影響、人の健康への影響の可能性、現在の準備と対応措置の効率性を考慮して、WHO は緊急事態緊急基金(CFE)から 180 万米ドルを拠出した[9]。 2020 年 2 月初旬には、先進国における症例の増加と、救命救急医療を必要とする多数の病人に医療システムが対応できないことを認識し、ケニア、南アフリカ、ルワンダ、ウガンダなどのアフリカ諸国が、ロックダウン、飛行禁止、学校・大学などの教育機関の閉鎖、国境の閉鎖、公共交通機関の禁止、カーフェウスの徴用などの予防措置を講じ始めた[10,11]。

COVID-19 のアウトブレイクは、アフリカ住民のネットワークを破壊し、特に会議、観光、旅行、貿易、物理的接触に影響を及ぼした。これは、本疾患の拡大を制限し、理想的には予防するために、国の領土と国境を制限したためである。 また、アフリカのコミュニティは、インターネット、ウェビナー、スマートフォン、その他の電子システムなどの先進的な技術を通して、連絡を取り合うことを義務付けられました。 多くの国でロックダウンがみられるにもかかわらず、COVID-19 の有病率と蔓延は指数関数的に増加しており、2020 年 8 月 8 日の本稿執筆時点で 1980 万件を超える症例と729,891 件を超える死亡が報告されている[12]。 米国、ブラジル、インド、ロシア、南アフリカ、メキシコなど、中国で最初に記録された数字をすぐに上回る数字が他の国でもみられた[13]。 中国における COVID-19 のアウトブレイクは成熟段階にあったが、当初はイタリア、フランス、ドイツ、スペイン、米国、英国など多くの先進国で、伝染性移民による伝播を経て、国内で伝播するなど、ピークに達していた[14]。 この疾患の世界的な影響は非常に大きく、圧倒的であり、広範な罹病、死亡、社会崩壊、経済的損失を引き起こしている[15]。 アフリカでは、流行の拡大は成長段階にあり、エジプト、アルジェリア、南アフリカ、モロッコ、ガーナ、ナイジェリアでは、貧困と社会経済的要因による将来の高い感染率への懸念が大きい[16, 17]。 ヨーロッパをはじめとする豊かな国々とは異なり、アフリカの人々の文化は、集団性と団結した生活を評価している点でユニークである。これは、ロックダウン、カーフェ、社会的距離、孤立の強制と矛盾しており、感染率、罹病率、死亡率が上昇することは間違いない[18]。 宗教的行事、大規模な社会的行事、伝統的な葬儀、結婚式での大規模な集まりは、アフリカの標準的な文化的慣習である[19]。 これらは、疾患に関する十分な知識と情報の欠如、および実際の情報の不十分な実施とあいまって、コロナウイルスの蔓延に寄与している[20]。 対照的に、中国、韓国、日本、トルコなどの国々から得られたエビデンスは、セルフケアと社会的孤立が感染の拡大を著しく減少させる可能性があることを確認している[21]。 もし、アフリカで一時的な文化改革が実施されなければ、集団発生による症例数と死亡者数は、世界全体の総死亡者数を上回るであろう[19、22]。

西側の豊かな国々の状況とは対照的に、多くのアフリカ人の生活は、生き延びるのに十分な食料を毎日摂取することに基づいている[23, 24]。 アフリカのコミュニティを長期にわたって自宅で固定化することは不可能である。なぜなら、人々は畑にアクセスしたり、食料を得る方法を見つけたりする必要があるからである。 例えば、エチオピア、ケニア、ナイジェリア、南アフリカでは、ロックダウン措置[25-27]に違反している人が多く、そうした動きは禁じられているにもかかわらず、日常の食べ物を探したり集めたりするために、町や市場の限られた場所のような公共の場所を大量に移動している[28]。 ロックダウンは、COVID-19 の発生を抑制し、豊かな世界での感染を防ぐための対策として意図されているが、生命が「回避-回避」の紛争状態となっているアフリカの多くの人々の間で生存するための死に対する競争であり、自宅に閉じ込められ、飢餓で死亡する、あるいは労働と食料の回収を行い、疾病から死亡するためのロックダウン規制に違反する。 市民がどんなことを選ぶにせよ、人種は死や飢餓、ウイルスに逆らう。 アフリカでは、この病気によって引き起こされた罹患率および死亡率に関する一般の見解は、依然として取るに足らず[20]、ほとんどの国でその拡大を阻止するための予防メカニズムを実施することは特に困難である[29]。 この大きな障害は、社会慣行、伝統的な挨拶の影響、衛生状態の悪さ(清潔な水が不足しているときに石けんで手を洗う差し止め)[30]、ドアハンドル、トイレ、テレビのリモート、携帯電話、コンピューターのキーボードなどの資料共有、アフリカにおけるコロナウイルス感染のリスクを倍増させると予測されている一般的な警戒心と自我欲の欠如[31]などによってさらに悪化しています。 中国からの証拠は、物質の共有が禁止され、ロックダウンが実施され、社会的距離が設けられた[32]以降、伝播が著しく減少したことを示している。 これは、アフリカ人の大多数が貧困ライン以下で暮らしており、何百万人もの人々がインフォーマルな仕事に従事しているためである。 アフリカでは、たとえ自宅にとどまっていても、過密で不衛生な生活環境のため、身体的な距離や衛生状態がほとんど不可能なため、これらの労働者やその家族がウイルスにさらされ続けています。 さらに、ほとんどのアフリカ人は、手洗いの可能性を制限するだけでなく、女性を水のための列に入れさせるような流水へのアクセスを欠いており、それによって女性自身と接触する人々を危険にさらしている[32]。

コロナウイルスのパンデミックに対抗するためのコミュニティ・ベースのセルフケア・マネジメント・アプローチが奨励されているのは、世界的に罹患率と死亡率に広範な影響を及ぼし、その結果として生じる財政的影響、およびその予防の公衆にとっての意義が大きいためである[33]。 COVID-19への効果的な対策には、ウイルスの拡散を緩和するために、政府組織と非政府組織、民間機関、医療施設、学校、大学、宗教センターなどの社会的機関の間の協力が必要である[34]。 適切に実施されれば、このような共同作業により、医療システムは世界的な予防戦略の一環として、ハイリスクの個人やグループへの影響にうまく対処できるようになるだろう[35]。

また、アフリカからの証拠によれば、海外旅行者、大量の集まり、手洗い、他者との身体的接触、手で使う材料を共有する人では、この疾患の有病率が高く、いずれも感染者やウイルスに接触する機会が増えています[36]。 コロナウイルスの伝播は増加を続けており、その有病率は、保健システムおよび経済レベルにかかわらず、アフリカ全域に広がっている[37, 38]。 これにより、保健、社会、経済、政治的影響の分析研究をさらに進め、注意を要する公衆衛生上の要件を示し、適切な予防措置に必要な資金と措置を推定することによって、サービス提供に関する意思決定者を支援する必要性が高まった。 したがって、アフリカなど資源の乏しい国の健康と経済成長に対する COVID-19 のアウトブレイクの影響を評価する際には、これまで報告されていないような広範な分析を実施することが不可欠である。 現在のエビデンスは、主に確認された症例数、回復数、死亡数に焦点を当てており、社会的、経済的、政治的影響はほとんど不明のままである。 この物語的レビューでは、COVID-19の症例数、回復数、死亡数、公式・非公式経済部門への健康危機の影響、パンデミック前、パンデミック中、パンデミック後のアフリカにおける国内総生産(GDP)の変化予測、ロックダウンなどの予防措置の政治的・その他の結果の確立を目指した。

方法

情報源

Google Scholar, PubMed Central, Scopus, Web of Science データベースから抽出した、2020 年 1月 8 日から 8 月 8 日までに発行された関連報告書の電子検索を行った。 また、発表および未発表の抄録、ならびに The Lancet, New England Journal of Medicine, and Nature などの関連雑誌の参考文献リストおよび目次を検索し、アフリカ関連の世界および地域政府文書、WHO の世界および地域の報告、地域および地域の疾病管理予防センター(RLCDC)からの更新、ならびに The Guardian(英国)および The Washington Post(米国)から

サーベイの検索語

以下の検索語を使用した。 「感染症」、「コロナウイルス」、「COVID-19 パンデミック」、「COVID-19 パンデミック」、「COVID-19 パンデミック」、「重篤急性呼吸器症候群(SARS)」、「COVID-19 の影響」、「COVID-19 の経済的影響」、「COVID-19」、「経済的影響」「GDP」、「COVID-19 の健康影響」、「COVID-19 の社会的影響」、「COVID-19 症例報告」、または「COVID-19 死亡報告」、または「COVID-19 死亡報告」、「社会的距離」および「ロックダウン」

選定基準

2 名のレビューアが独自に、同定された研究のすべてのタイトルおよび抄録を評価し、以下の 4 つの選択基準を適用して、(1)報告にさらなる調査が必要かどうかを判定した:(1)アフリカ諸国を含めたか。 (2)は英語で出版されていますか? (3)試験の目的に適した内容であるか。 4. 2020 年 1 月から 7月の間に発表されたのでしょうか。 選択基準を満たした研究については、ジャーナル論文またはその他の原資料の全文版を入手し、不明な研究については、議論の後、合意に達した。 原資料の最終選定から、我々(J.G.および M.K.)は、標準的なデータフォームに独自にデータを抽出した。 欠損データのある研究の著者に電子メールで問い合わせ、可能であればデータを入手した。

国内総生産の推計

アフリカのパンデミック前、現在、ポスト COVID-19 の GDP 予測は、大陸の World Economic Outlook データベース[39, 40]から得られたデータに基づいて計算された。 原材料の検索結果。 最初に、Mendeley Desktop 参照管理を用いて重複とデータ管理を同定し、検索基準(図 1)を用いて 136の研究を同定した。 重複を除外し、全文記事の適格性をチェックし、除外基準を適用し、スクリーニングを行ったところ、32 件の論文が選択基準に適合した。

図 1 文献からデータを選別し、物語的レビューを行う過程

アフリカの健康危機

アフリカにおける COVID-19 の最初の症例が 2020 年 2 月 15 日にエジプト北部で確認されて以降、アフリカの 5 地域(北アフリカ、中央アフリカ、東アフリカ、西アフリカ、南部アフリカ)でパンデミックとそれに伴う罹患率および死亡率が劇的に増加している。 ウィルスが中国の WHO によって最初に報告されてからわずか 3 ヵ月後に大陸に到達し、その後イタリア北部に到着してから 1 ヵ月後にこの病気の中心と考えられた期間には、症例数はアフリカでより少なくなると予想された。 表 1に示されているように、2020 年 8 月 8 日現在、アフリカで計 920 万件の COVID-19 検査が実施され、100 万件以上の感染が確認され、70 万 7,877 人以上が回復し、22,966 人の死亡が登録されている。

南部アフリカは 400 万件(実施された COVID-19 試験全体の 43%)で最も多くの試験を実施したが、中央アフリカは 32 万 7,007 件(4%)で最も少なかった。 また、56 万 5,003 人(56%)を超える症例数が最も多く、次いで北アフリカ、西アフリカでそれぞれ 17 万 1,251 人(17%)、13 万 6,952 人(13.6%)の順であった。 死亡者数が最も多かったのは南部アフリカで 11,424 人(48%)、次いで北アフリカで 7030 人(29.3%)であった。 認知件数が最も多かった国は、南アフリカ 55 万 3,188 件、エジプト 9 万 5,314 件、ナイジェリア 4 万 6,140 件、ガーナ 4 万 533 件、アルジェリア 3 万 4,693 件であった。 ウイルス関連の死亡者数が最も多い 6 カ国は、南アフリカ(10,210 人)、エジプト(4992人)、アルジェリア(1293 人)、ナイジェリア(942 人)、スーダン(773 人)、モロッコ(480 人)である。

COVID-19 のパンデミックに直面したアフリカ諸国・社会の力強い回復力

現在のデータによれば、COVID-19 は、大陸の貧しい国よりも、「先進国」が多い国に大きな影響を与えている。 一方、都市部は農村部よりも疾病負荷が高かった。 表 2 に示した Johns Hopkins University の Coronavirus Resource Centre のデータをレビューしたところ、アフリカ諸国の死亡率はガーナで 0.5%からチャドで 8.1%の範囲であったのに対し、英国で 15.0%、イタリアで 14.1%、ブラジルで 3.3%であった。 アフリカにおける COVID-19 症例の死亡率が比較的低いのは、アフリカ人の若さに起因する可能性が高いものの、社会・医療データ収集システムの非効率性に起因している可能性がある[41]。

COVID-19 がアフリカのインフォーマル経済と GDP 危機に与える影響

サハラ以南アフリカの経済活動の 80~90%はインフォーマル・セクターに由来し、GDP の 40%を占めている[42, 43]。 COVID-19 パンデミックの発生は、この経済セクターに深刻な影響を及ぼした。インフォーマル労働者と企業[42]が、宿泊施設や食料サービスの提供、製造、卸売、小売業などの活動に携わっており、都市市場向けに生産していた 5 億人を超える農家が含まれている。 サプライチェーン内の物流上の課題、特に国境を越えた国内の移動制限は、食料供給の混乱をもたらし、インフォーマルな労働者の食料安全保障を損なう可能性がある。 また、非公式な生産物市場は、食料源として、また小規模農家が自らの商品を販売する場所として、多くの国で食料安全保障を確保する上で不可欠な役割を果たしている。 その閉鎖は、食料不安と貧困の増加につながるだろう[44]。

表 1: アフリカ地域における COVID-19 検査、確定症例、死亡、活動性症例

表 2:COVID-19 の死亡率、数カ国間の比較

インフォーマル経済における労働者の圧倒的多数は、適切な保護の欠如及び疾病、事故又は死亡に苦しむ可能性の増加により、職業上の健康及び安全上のリスクにさらされる機会が増大することを経験している。 COVID-19 は、これらのリスクを増大させる。 もし病気になると、移住者を含むほとんどの労働者は、医療へのアクセスを保証されておらず、疾病や業務災害による給付を通した所得保障もない[45]。 もし彼らが医療を受けられなければ、ウイルスはより広範囲に拡散し、致命的な結果をもたらすであろう。 もし彼らが医療にアクセスできれば、多くの人々は自己負担の費用を負担し、債務を負わせたり、生産資産を売却せざるを得なくなり、より深刻な貧困に陥ることになるだろう[45,46]。
表 3 は、パンデミックが過ぎた前、現在、そして過ぎた後の、さまざまなアフリカ諸国の国内総生産(GDP)の予測される変化を比較したものである。 表 3 は、アフリカ全体の GDP が、アウトブレイク前の 2.4%から、その高さの間に 2.4%から 5.1%に減少すると予測されており、その後、4.1%に増加すると予測されている。 COVID-19 では、サハラ以南のアフリカと中低所得国の GDP は、それぞれ−1.6%、−3%、1.6%変化すると報告されており、パンデミックが過ぎた後、それぞれ 4.2%、4.9%、4.9%増加すると予測されている[35、47]。

アフリカにおける COVID-19 のパンデミックの健康、社会、経済、政治への影響を表 4 に示す。 健康への影響は圧倒的であり、資源の乏しい同大陸の保健システムや、下気道感染、HIV/エイズ、下痢性疾患、マラリア、結核などの基礎疾患による早期死亡に加えて、2016 年に 300 万人を超える早期死亡をもたらした[47, 48]。 多くの富裕国では、併存疾患が COVID-19 患者の健康上の転帰を複雑にしており、栄養不良で基礎疾患を経験している大規模集団の場合、これらの患者はウイルスによる死亡のリスクが増大する可能性があるが、この影響は不明である。 また、アフリカ大陸の保健サービスインフラが不十分であることから、感染者の多くが適切な設備を備えた施設で必要なケアを受けることができなくなる可能性も低い[24]。

表 3: COVID-19 アウトブレイク前、現在、およびポスト COVID-19 アウトブレイク前の、さまざまなアフリカ地域および個々の国の GDP 予測[35, 47]

パンデミックの発生は、アフリカ人の社会生活に大きな影響を及ぼし、物質の共有を制限し、家族の生活を混乱させ、社会的距離と強制的孤立による社会的結束を崩壊させてきた。 アフリカのほとんどの教育機関は閉鎖されている。 アフリカの伝統的な生活は、結束力があり、相互依存に基づいており、社会的距離と孤立を非常に困難にしている。 各国政府によって課された制約は、既存の不平等を悪化させるだけでなく、女性の被害につながり、レイプ事件が増加した[49]。これは、最も経済的に困窮し、脆弱な立場に置かれている障害者や高齢者である[50]。 さらに、農産物市場は閉鎖されており、貧困ラインをすでに下回っている脆弱なコミュニティの間で飢餓を引き起こしている食料源への人々のアクセスが制限されている(表 4)。 エチオピア、ケニア、南アフリカ、ウガンダなど一部のアフリカ諸国では、人権侵害、治安部隊による市民の殺害、伝統的犯罪の増加などが発生しています[28]。 その結果、社会不安が発生し、コミュニティがさらに貧困に陥った[51]。

表 4 :アフリカにおける COVID-19 の保健、社会、経済、政治への影響

種類 影響
健康への影響確認症例数 1,039,678 例以上、死亡数 22,966 例以上併存疾患、障害、および高齢者における罹病率および死亡率のリスク増加第一線の医療従事者の犠牲化と資源不足の医療システムへの負担の増加適切な医療インフラの欠如HIV/エイズ、結核、マラリア、下痢、下気道感染などの既存疾患への負担の増加
社会的影響社会的距離と対人孤立に続く社会的結束の崩壊学術機関の大半が閉鎖された。国際、国、地方レベルでの旅行禁止食料市場が閉鎖され、食料源へのアクセスが限られている脆弱なコミュニティの間で飢餓が増加した宗教集会の制限恐怖を背景とした孤立と差別の発生ヒューマ人権侵害、犯罪の増加等の違法行為の増加ソーシャルメディアに関する虚偽のニュースは、コミュニティに不正なウイルス予防対策をもたらす。格差の拡大、女性や高齢者の被害
経済的影響貨物・人の航空・海運業の停止様々なロックダウン状態の影響を受ける第一次、第二次、第三次産業国内生産限定観光産業は一時停止し、長期的な影響を受ける可能性がある。サプライチェーンの価値減少輸出入が減少し、海外収入に影響貿易・産業停止パンデミックに対処するための債務の増加一部製品の需給削減金融不況・不況一人当たり所得の減少を伴う失業の増加金融・財政政策への圧力の高まり
政治的影響政府、非政府、民間組織の閉鎖各国は国境を閉ざし、物品やサービスの移動を阻んでいる。難民・移民の差別が増加市民の本国への避難は指導者の不信を招く国政選挙の延期は紛争や混乱を悪化させるアフリカでは手洗いの実施が適切でない可能性がある

アフリカの多くの国は、すでに腐敗、不正政権、政治指導力の弱さによって経済的に危うくなっていた[39, 47]。 それにもかかわらず、ジブチ、エチオピア、ギニア、コートジボワール、セネガル、タンザニアなど、この半年間に目覚ましい経済成長を示した国もあります[39, 52]。 多くの国では、正式な失業率が高く、人々は小規模農業と生計を立てるためのインフォーマルな取引に頼っている。経済が停滞した国々では、何千人もの雇用が失われ、信頼できる収入源を持たない人口が増加しています[40, 52]。 国レベルでは、COVID-19 の予防措置の経済的影響のいくつかの特徴は、スパザショップと呼ばれる町の街頭販売業者や小規模インフォーマルショップなどのインフォーマルな経済セクターの停止である[43]。 その結果、1 人当たり所得と国内製品の貿易が減少し、サプライチェーンの価値が低下し、財政政策や債務に対する圧力が高まり、そのすべてが金融不況や不況につながる可能性がある[39, 40, 52]。
表 4 に示した COVID-19 の顕著な政治的影響は、難民・移民に対する差別の増加、国境の閉鎖、物品・サービスの移動の阻止、アフリカ諸国間のかつての緊密な関係の崩壊、市民の母国への避難などであり、指導者の不信感を招いていることを示している[53]。 また、流水が不足しているため、手洗いなどの対策はアフリカには適さない可能性があります[53]。 また、国政選挙の延期により、エチオピアなど一部のアフリカ諸国では、政党と与党との間に致命的な紛争、不信、対立が生じている[54]。

考察

この物語的レビューでは、COVID-19 の症例数、回復数、死亡数、インフォーマル経済部門への影響、および流行前、流行中、流行後のアフリカにおける国内総生産(GDP)の変化予測を確立することを目的とした。 また、アフリカにおける COVID-19 のアウトブレイクの健康、社会、経済、政治的危機と、アフリカ住民への拡大を阻止するために課されたロックダウンの影響を明らかにすることも目的とした。

COVID-19 以前のアフリカの状況

COVID-19 以前のアフリカ大陸の保健医療情勢は、HIV/エイズ、マラリア、結核、コレラなどの感染症や、妊産婦や 5 歳未満児の死亡率などの健康関連の問題に焦点が当てられており、非感染症(NCD)への重点が通常は低くなっています[55]。 アフリカにおける COVID-19 以前の社会的要因は多様で統一的である。 例えば、アフリカのコミュニティは、大陸の一方の地域から他方の地域へ、合法的に訪問、ツアー、貿易、教育、会合、訓練のために、あるいは不法な人身取引労働者のイニシアティブによる不法移住を通じて、継続的に移動している。 また、教会、モスク、ビーチ、キャンプファイア周辺の社会化などでは、定期的に大衆信仰が行われており、一部の人々がナイトクラブ、音楽・映画コンサート、マス・マーケティング、ソーシャル・ワークス、結婚式、葬儀式を訪れている[19]。 しかし、COVID-19 のパンデミックにより、アフリカ各国政府が、国民の生命、健康、経済、権利を守るための戦略を実施したことにより、上記の活動はいずれも変化した。

COVID-19 以前の経済、特にアフリカの文脈におけるインフォーマル・セクターとフォーマル・エコノミーは、ユニークである。 例えば、インフォーマル・セクターは、費用を回避し、財産関係、商業ライセンス、労働契約、不法行為、金融信用、公的経済に対する社会システムを対象とする法律および行政規則に組み込まれた利益と権利から排除される経済活動から構成される。 労働法が公式経済を保護する一方で、COVID-19 は、契約や所得保護がないことからも明らかなように、インフォーマル・セクター(インフォーマル・ワークの不安定な性質)を露呈させた[45]。

最後に、COVID-19 以前のアフリカの政治情勢(22 カ国が国政選挙の準備をしていた[56])が問題である。 選挙によって、市民は、自分たちの正当性を支持するか、あるいは「死ぬ」事件と見なされている恐怖とパニックを特徴とするアフリカの選挙を深刻に実施した場合には、指導者を交代させることによって、指導者に説明責任を負わせることができる[57]。 COVID-19 のパンデミックが進行中であることから、各国がそれぞれの選挙カレンダーの下で選挙を進めるかどうかについては不確実性がある。 より具体的に言えば、独裁的指導者の中には、どのように利用できるのかという懸念がある。このパンデミックは、選挙を後日または無期限に延期することによって滞在期間を延長するものである[57]。

罹患率、死亡率、回復率

中国ではパンデミックが発生したものの、アフリカにおける COVID-19 の流行は、アフリカ住民の罹患率および死亡率が非常に高く、すでに感染症および慢性疾患の脅威にさらされている[58]。 この物語的レビューの執筆時点で、このウイルスに関連する症例および死亡率は北アフリカ地域で高く、次いで西部および南部アフリカ地域[59]であった。 アフリカにおけるモデル研究は、2020 年 6月 30 日までに、アフリカの約 1,630 万人が COVID-19 に感染し、東アフリカ地域が最も影響を受けにくい北アフリカ地域となるという我々の研究結果を支持するものである。 6 月 30 日の集団症例数は、南部アフリカで約 290 万例、西アフリカで 280 万例、中央アフリカで 120 万例と予測されている[60, 61 例]。 このようなケースロードと死亡率のばらつきは、社会経済的発展のレベルが低いことに起因している可能性があり、パンデミックの初期段階での伝播は、社会経済的発展のレベルが高い段階よりも少ないし、遅い可能性が高い[62-65]。

健康危機

我々の物語的レビューの結果は、アフリカにおける COVID-19 アウトブレイクのより大きな健康危機を描いている。 これは、すでに存在している資源の不足した医療システムと、早死、HIV/エイズ、下気道感染、下痢性疾患、マラリア、結核が原因であり、2016 年にはすでにアフリカで 300 万人以上が死亡している[66-68]。 多くの先進国では、併存疾患が COVID-19 患者の健康上の転帰を複雑にしているが、栄養不良で、ウイルスによる死亡のリスクが高くなる可能性のある状態にある、より大きな集団への影響は不明である[69]。 また、保健サービスのインフラが限られているため、感染者の多くが適切な設備を備えた施設で保健医療を受けられる可能性は低い[25, 70]。

社会危機

アフリカの人々にもたらされる社会的危機は、COVID-19 のパンデミックの初期制御と管理を妨げる制約のひとつとして、偽のニュース[71]、人種差別、差別[71、72]など、甚大な被害をもたらしている。 これは、一体性があり、依存に基づいているアフリカでの生活に起因する可能性があり、社会的な距離や孤立を非常に困難にしている。 本研究の結果から、COVID19 の影響は女性、高齢者、障害者などの脆弱性の高い人々で非常に高く、併存疾患を有する個人では死亡率が高いことが示された[5, 73]。 [74]によるイスラエルの少数民族グループに関するコメンタリーは、アフリカにおけるCOVID-19 のアウトブレイクの間、高齢者と障害者および併存疾患があらゆる状況において疎外されているとする我々のレビューの所見を実証した。 また、高血圧、糖尿病、心血管疾患、腎疾患、呼吸器疾患が最も有病率の高い併存疾患であることを示す本レビューの所見を裏付ける文献があることから、若年者および非併存疾患患者よりも併存疾患患者および高齢者の抵抗性が低いことも原因である可能性がある[75]。

このレビューの結果、食料市場が閉鎖され、食料源へのアクセスが限られていることが示され、その結果、多くの世帯が食料を入手できず、手ごろな価格で食料を手に入れることができず、飢餓に陥った。 COVID-19 の発生は、食料へのアクセスの低下を含め、脆弱な世帯の貧困を大幅に増加させる可能性があることを示す証拠がある[26]。 これは、ロックダウン期間中の所得の喪失にも起因する可能性がある。 研究者らは、本レビューの結果を裏付け、COVID-19 のパンデミックに関するアフリカ社会の異なる理解と認識を明らかにし、西アフリカ諸国が本ウイルスについてより良いレベルの知識を示しているのは、エボラ出血熱の流行から学んだ教訓によるものと思われる[76]。

経済危機

アフリカの多くの国では、正式な失業率が高く、一人当たり所得が低く、小規模農業やインフォーマルな取引に頼って生計を立てている人々が信頼できる収入源を持っていない。 この点に関し、研究者は、アフリカの多くの国が、腐敗、不政権、政治的リーダーシップの欠如により、すでに経済的に妥協していることを示している。 同時に、過去 50 年間に、エチオピア、コートジボワール、ジブチ、セネガル、ギニア、タンザニアなど、かなりの経済成長を示した国もあります[52, 77]。
COVID-19 の流行は、いくつかの国で経済成長を示しているにもかかわらず、すでに緊迫したアフリカ経済に大きな影響を及ぼしている。 研究者らは、COVID-19 予防措置の経済的影響のいくつかの特徴は、GDP の減少とサプライチェーンの価値の低下、財政政策と債務に対する圧力の増大であることを示して、我々の結果を裏付けた[52, 78]。 本レビューの結果は、COVID-19 のパンデミック時代(2020 年)[41, 52]におけるアフリカの経済成長が、2019 年の COVID-19 以前の 2.4%から、−2.4~−5.1%に低下したことを示している[39]。 ロックダウンによって生産量が減少し、コストが増加することから、パンデミックはこの予測に寄与する可能性がある。 国連アフリカ経済委員会の状況調査では、2020 年のアフリカ地域の経済成長率は−3.3%未満と予測されている[79]。 これは、アフリカ地域内に比べて、アフリカ地域の広範な輸出地域が世界全体に占める割合が減少したことによるものと考えられる。 我々の知見を裏付けるものとして、ケニアでの研究では、農業、観光、建設、インフラ開発、製造業といった GDP に寄与する 5 つの部門が COVID-19 以降に減少すると予測されている[80]。 さらに、今回の見直しの結果は、COVID-19 のパンデミック前後のアフリカ地域間での GDP 変化のばらつきと、中所得国での GDP 減少(−3%)の増加、続いて COVID-19 のパンデミック[39, 40, 52]時のサブサハラ・アフリカ全体の GDP 減少(−1.6%)が観察されたことを反映してこの格差は、国によってロックダウンが進んだ結果である可能性があり、アフリカの地域がヨーロッパ、中国、アメリカとの社会経済的・貿易パートナーシップのレベルに差がある[60, 61]。 世界銀行グループの調査によれば、アフリカ地域の大多数の国では、COVID-19 以前は 2.4%であった GDP が減少し、COVID-19 の流行期には 2.4%−に減少することが示された[52, 81]。 GDP の減少は、輸出入の減少、輸出産品の生産のロックダウンによる雇用の喪失、そしてパンデミックに対処するための債務の増加の結果である可能性が高い[82]。

政治危機

COVID-19 の政治的影響は、既述の保健、社会、経済への影響に加え、脆弱で脆弱な政府構造のために圧倒的に大きい[77]。 その結果、アフリカ諸国間の結びつきが崩れ、国境が閉鎖され、市民が母国に避難し、先行者間に不信感が生じ、アフリカに適さない行動をとることが明らかになりました[51, 83]。 この点に関し、COVID-19 のパンデミックが最初に発生した際に、アフリカの指導者たちがとった政治的意思決定は、おそらく、緊張の弱い保健システム、質の低い保健施設、経済の停滞を恐れて、勇気づけられたものであった[84]。 また、アフリカ諸国の公衆衛生緊急システムが制約を受けているにもかかわらず、COVID-19 のアウトブレイクの拡大を後押しするためにアフリカの指導者たちがとった行動は、より迅速であるばかりでなく、高い評価を受けている。彼らは、公衆衛生上の緊急事態を宣言し、無関係な公衆運動を禁止し、その後、各国における疾病のアウトブレイクの可能性を最小限に抑えるためのロックダウンを行った[ 欧米とアフリカの人々の経済、保健システム、ライフスタイルの違いと一致して、先進国と開発途上国の両方で、保健面での成果、社会的影響、経済的損失は依然として異なる[85]。 これは、社会的支援が不足していること、貧困ライン以下で暮らす人々がはるかに多いこと、アフリカ地域ではより多くの人々が自営業者であるか、フォーマル・セクターで雇用されていないという事実の結果かもしれない。

意味

アフリカ諸国のほとんどの保健医療施設と資源は、ストレスにさらされている。 パンデミックの拡大が予測される限り持続すれば、COVID-19 パンデミックの二次的影響は速やかに経済的緊急事態となり、世界を景気後退に導き、資源が限られ、最も貧しいアフリカ諸国に深刻な影響を与えることになる。 さらに、多くのアフリカ諸国は、WHO が策定した COVID-19 の管理戦略や「隔離、社会的隔離、自己隔離、水の使用、衛生設備、手洗いの習慣」といったパンデミックに対処するためのアプローチを実施しているが、COVID-19 のパンデミックの発生を抑制・管理するこれらのアプローチは、中国や韓国などのアジア諸国では適切かつ成功していると見なされているものの、アフリカ諸国では、不平等、著しい雇用喪失、格差、インフォーマルな経済慣行のため、この戦略は依然として困難であり、不可能で また、犯罪、腐敗、不政権などの違法行為を示す不安に悩まされているアフリカ諸国の平和、安全、安全に対する障害となっており、既存の貧困、飢餓、不平等が長期化している。

結論

COVID-19 のパンデミックは、我々の保健システムの組織、我々の生産、加工、物品・サービスの交換、並びに我々の消費慣行、文化、及び我々の生死との関係に影響を及ぼし、今後も長期的な影響を及ぼし続けるであろう。 今回評価した試験は、これらの変化およびその影響の理解に寄与するものである。 新しい流行の予防と対応において、これらの知見を考慮することは、政策立案者や他の利害関係者の選択である。 COVID-19 のパンデミックが健康、社会、経済、政治に与える影響にうまく対処するためには、指導者、政府、非政府組織の間で、統一された、積極的かつ組織的な公衆衛生上の緊急事態対応が必要である。 公衆衛生上の緊急事態への準備と対応の成功は、実質的には、パンデミックの発生中にアクセス可能な情報の優位性と量に基づいている。 COVID19 のパンデミックが健康、社会、経済、政治に与える影響を予防・管理し、それがアフリカの人々の死に対する人種でも飢餓に対する人種でもないことを保証するためには、迅速なコミュニケーションと怒りに満ちた情報の配布が必要である。 そのため、アフリカ諸国は、自国の経済、市民の健康と生活に影響を与える可能性のあるパンデミックに対応するために、文化的に関連性のある先住民のパンデミック管理戦略を数年後に必要としている。

略語

BREC:生物医学的倫理審査委員会、CFE:緊急事態対応基金、COVID-19:成長国産、GDP:成長国産、LIAC:低所得アフリカ諸国、MIAC:中所得アフリカ諸国、OE:石油輸出国、RLCDC:地域・地方疾病対策予防センター、SSA:サブサハラ・アフリカ、英国、UKZN:クワズールー・ナタール大学、米国、WHO:世界保健機関

参考文献

  1. WHO. Coronavirus disease 2019 (COVID-19) Situation Report – 80. Situation Report. 2020.
  2. Peeri N, Bibi S, Baghbanzadeh M, Change C. The SARS, MERS and novel coronavirus(COVID-19)epidemics, the newest and biggest global health threats: what lessons have we learned? IntEpidemiol Assoc. 2020;12:1–10.
  3. WHO. Protocol for assessment of potential risk factors for coronavirus disease 2019 (COVID-19)among health workers in a health care setting. World Health Organ. 2020;2.2:1–44.
  4. Chen X, Yu B. First two months of the 2019 coronavirus disease (COVID-19) epidemic in China:real- time surveillance and evaluation with a second derivative model. Glob Health Res Policy.2020;5(7):1–9.
  5. Sharma V, Scott J, Kelly J, Vanrooyen MJ. Prioritizing vulnerable populations and women on thefrontlines: COVID-19 in humanitarian contexts. Int J Equity Health. 2020;19(4):4–6.
  6. Qian X, Ren R, Wang Y, Guo Y, Fang J, Wu Z, et al. Fighting against the common enemy of COVID-19: a practice of building a community with a shared future for mankind. Infect Dis Poverty.2020;9(34):4–9.
  7. WHO. COVID 19 Public Health Emergency of International Concern (PHEIC). World Health Organ.2020;1:1–7.
  8. ACMM. Spot report: WHO declares the new coronavirus outbreak as a Public Health Emergency ofInternational Concern. Asean Cent Mil Med. 2020;004(4):2–4.
  9. WHO. Novel coronavirus (2019 – nCoV). Donor Alert. 2020. Available from:https://reliefweb.int/sites/reliefweb.int/files/ resources/donor-alert.pdf.
  10. Ihekweazu C, Agogo E. Africa’s response to COVID-19. BMC Med. 2020;18(151):18–20.
  11. Tarimo CS, Wu J. The first confirmed case of COVID-19 in Tanzania: recommendations based onlesson learned from China. Trop Med Health. 2020;48(25):1–3.
  12. JHU”s. COVID-19 coronavirus tracker: confirmed cases and deaths by country-updated as of 8August 2020 [Internet]. Johns Hopkins University’s coronavirus Covid-19 global cases tracker.Available from: https://easo.org/johns-hopkinsuniversitys-coronavirus-covid-19-global-cases-tracker/.
  13. WorldoMeter. Worldometers: Covid-19 case and death tracker; 2020. p. 1–5. Available from:https://www.worldometers. info/coronavirus/.
  14. Boulos MNK, Geraghty EM. Geographical tracking and mapping of coronavirus disease COVID-19/severe acute respiratory syndrome coronavirus 2 (SARS – CoV – 2) epidemic and associated eventsaround the world: how 21st century GIS technologies are supporting the global fight againstoutbreaks and epidemics. Int J Health Geogr. 2020; 19(8):1–12 https://doi.org/10.1186/s12942-020-00202-8.
  15. Manderson L, Levine S. COVID-19, risk, fear, and fall-out. Med Anthropol. 2020;00(00):1–4https://doi.org/10.1080/ 01459740.2020.1746301.
  16. WHO. COVID-19 situation update for the WHO African Region. External Situation Report-20. 2020.
  17. WHO. COVID-19: situation update for the WHO African Region. External Situation Report-21. 2020.
  18. Iii DEL, Adebisi YA, Lin X. Current efforts and challenges facing responses to 2019-nCoV inAfrica. Glob Health Res Policy. 2020;5(21):20–2.
  19. Renzaho AMN. The need for the right socio-economic and cultural fit in the COVID-19 response inSub-Saharan Africa: examining demographic, economic political, health, and socio-culturaldifferentials in COVID-19 morbidity and mortality. Int J Environ Res Public Health.2020;17(3445):1–14.
  20. Alsan M, Stantcheva S, Yang D, Cutler D. Disparities in COVID-19 reported incidence, knowledge,and behavior. medRxiv Prepr. 2020;2118:1–17.
  21. Azour J. COVID-19 pandemic and the Middle East and Central Asia: region facing dual shock:Iinternational Monetary Fund; 2020.
  22. Baldwin-ragaven L. Social dimensions of COVID-19 in South Africa: a neglected element of thetreatment plan. Wits J Clin Med. 2020;2(SSI):33–8.
  23. Howard B, Han K. African governments failing in provision of water and sanitation, majority ofcitizens say. Afrobarometer. 2020;349:1–24.
  24. Howard B. Even before COVID-19, more than half of Africans experienced lack of needed healthcare. Afrobarom Dispatch. 2020;352:1–25.
  25. Berhan Y, Berhan Y. Will Africa be devastated by Covid-19 as many predicted? Perspective andProspective. Ethiop J Health Sci. 2020;30(3):1–8.
  26. Aluga MA. Coronavirus disease 2019 (COVID-19) in Kenya: Preparedness, response andtransmissibility. J Microbiol Immunol Infect. 2020:2019–21https://doi.org/10.1016/j.jmii.2020.04.011.
  27. Gyimah-Boadi E, Logan C. Global response to COVID-19 in Africa must protect lives, livelihoods,and freedoms. Organisation for Economic Co-operation and Development. 2020. Available from:https://oecd-development-matters. org/2020/04/08/global-response-to-covid-19-in-africa-must-protect-lives-livelihoods-and-freedoms/ May 25, 2020 at 6: 11%0A.
  28. Gilbert M, Pullano G, Pinotti F, Valdano E, Poletto C, Boëlle P, et al. Preparedness andvulnerability of African countries against importations of COVID-19: a modelling study. Lancet.2020;6736(20):1–7.
  29. OECD. More than one-third of West Africans have no handwashing facility at home: Organisationfor Economic Cooperation and Development; 2020. Available from: http://www.west-africa-brief.org/content/en/more-one-third-westafricans-have-no-handwashing-facility-home.
  30. Mutongoreya G. COVID 19 Pandemic -Lockdowns and their negative impact on SMMEs in Africa.Gordon Inst Sci. 2020; 15:1–5 Available from:https://www.bakermckenzie.com/en/insight/publications/2020/03/the-impact-of-covid19-on-keyafrican-sectors.
  31. Liu W, Yue X. Response to the COVID-19 epidemic: the Chinese experience and implications forother countries. Int J Environ Res Public Health. 2020;17(2304):1–6.
  32. ILO. Social protection responses to the COVID-19 crisis: country responses and policyconsiderations: International Labour Organization; 2020.33. Bodewig C, Gentilini UGO, Usman Z, Williams P. COVID-19 in Africa: how can social safety netshelp mitigate the social and economic impacts? Africa Development Forum; 2020.
  33. Hai A, Chan Y, Rutter V, Ashiru-oredope D, Tuck C, Babar Z. Together we unite: the role of theCommonwealth in achieving universal health coverage through pharmaceutical care amidst the COVID-19pandemic. J Pharm Policy Pract. 2020;13(13):1–7.
  34. OECD. Public integrity for an effective COVID-19 response and recovery: Organisation forEconomic Co-operation and Development; 2020.
  35. Vilar-compte M, Pérez V, Teruel G, Alonso A, Pérez-escamilla R. Costing of actions to safeguardvulnerable Mexican households with young children from the consequences of COVID-19 socialdistancing measures. Int J Equity Health. 2020;19(70):4–6.
  36. Report S, Asia S. Coronavirus disease (COVID-19) situation report – 120 data. World HealthOrgan. 2020;120:1–16.
  37. Report S, Asia S. Coronavirus disease (COVID-19) situation report – 125. World Health Organ.2020;125:1–17.
  38. ADBG. African Economic Outlook: Africa Macroeconomic performance and prospects: AfricaDevelopment Banking Group; 2019. p. 1–214. Available from:https://www.afdb.org/fileadmin/uploads/afdb/Documents/Publications/2019AEO/ AEO_2019-EN.pdf.
  39. ADBG. African Economic Outlook: Developing Africa’s Workforce for the Future: AfricaDevelopment Banking Group; 2020. p. 1–206. Available from:https://www.afdb.org/en/documents/african-economic-outlook-2020.
  40. John Hopkins University of Medicine (JHUM). Mortality analyses: Johns Hopkins CoronavirusResource Center: John Hopkins University of Medicine; 2020. Available from:https://coronavirus.jhu.edu/data/mortality.
  41. Medina L, Jonelis A, Cangul M. The informal economy in Sub-Saharan Africa: size anddeterminants. IMF Work Pap. 2016;WP17/156:1–31.
  42. Dube K, Katende CN. An inclusive response to COVID-19 for Africa’s informal workers. 2020.Available from: https://blogs. worldbank.org/africacan/inclusive-response-covid-19-africas-informal-workers Accessed 22 July 2020.
  43. Battersby J, Watson V. Urban food systems governance and poverty in African cities. Londone:Routledge; 2019.
  44. Ataguba JE. COVID-19 pandemic, a war to be won: understanding its economic implications forAfrica. Appl Health Econ Health Policy. 2020;18(3):325–8 https://doi.org/10.1007/s40258-020-00580-x.
  45. Manderson L, Levine S. COVID-19, risk, fear, and fall-out. Med Anthropol. 2020;39(5):367–70https://doi.org/10.1080/ 01459740.2020.1746301.
  46. OECD. COVID-19 and Africa: socio-economic implications and policy responses. Organ Econ Co-operation Dev. 2020;(7): 1–23 Available from: http://www.oecd.org/coronavirus/policy-responses/covid-19-and-africa-socio-economicimplications-and-policy-responses-96e1b282/.
  47. Akuamoah E. Covid-19 and elections in sub-Saharan Africa: what risks for democracy and humanrights ? 2020.
  48. WHO. COVID-19 situation update for the WHO African region. Extern Situat Rep. 2020;8:1–9.
  49. Karamouzian M, Madani N. COVID-19 response in the Middle East and north Africa: challenges andpaths forward. Lancet Glob Health. 2020;2019(20):2019–20 https://doi.org/10.1016/S2214-109X(20)30233-3.
  50. Frost BI, Osena G, Craig J, Hauck S, Kalanxhi E, Gatalo O, et al. COVID-19 in Middle Africa:national projections of total and severe infections under different lockdown scenarios Overview :COVID-19 in Africa. Cent Dis Dyn Econ Policy. 2020: 1–32 Available from:https://www.medrxiv.org/content/10.1101/2020.09.04.20188102v1.full.pdf.
  51. Frost BI, Osena G, Craig J, Hauck S, Kalanxhi E, Gatalo O, et al. COVID-19 in South Africa:national projections of total and severe infections under different lockdown scenarios Overview :COVID-19 in Africa. Cent Dis Dyn Econ Policy. 2020:1– 22 Available from: www.cddep.org.
  52. WHO. COVID-19 COVID-19 situation update for the WHO African Region. Extern Situat Rep.2020;11:1–10.
  53. Kanengoni B, Andajani-sutjahjo S, Holroyd E. Improving health equity among the African ethnicminority through health system strengthening: a narrative review of the New Zealand healthcaresystem. Int J Equity Health. 2020;19(21):1–14.
  54. Elovainio R, Pick A. COVID-19 and beyond: how can Africa’s health systems cope? Organ Econ Co-operation Dev. 2020; 06:1–5.
  55. Joffé G. COVID-19 and North Africa. J North African Stud. 2020;0(4):1–8https://doi.org/10.1080/13629387.2020.1757334.
  56. Moulds J. How the threat of COVID-19 is affecting people across Africa: the World EconomicForum COVID Action Platform Africa. World Economic Forumrum. 2020;6:1–6 Available from:https://www.weforum.org/agenda/2020/05/ africa-covid-19-coronavirus-pandemic-food-water-perc/.
  57. Microbiol C, Togun T, Kampmann B, Stoker NG, Lipman M. Anticipating the impact of the COVID -19 pandemic on TB patients and TB control programmes. Ann Clin Microbiol Antimicrob. 2020;19(21):1–6 https://doi.org/10.1186/s12941- 020-00363-1.
  58. Chersich MF, Gray G, Fairlie L, Eichbaum Q, Mayhew S, Allwood B, et al. COVID-19 in Africa:care and protection for frontline healthcare workers. Glob Health. 2020;16(46):1–6.
  59. Moosa M. News in the COVID-19 crisis: where do South Africans get their news, and is ittrustworthy? IJR. 2020;27:1–7.
  60. Devakumar D, Shannon G, Bhopal SS, Abubakar I. Racism and discrimination in COVID-19 responses.Lancet. 2020; 395(10231):1194 https://doi.org/10.1016/S0140-6736(20)30792-3.
  61. White K, Lawrence JA, Tchangalova N, Huang SJ, Cummings JL. Socially-assigned race and health:a scoping review with global implications for population health equity. Int J Equity Health.2020;19(25):1–14.
  62. Dunlop A, Lokuge B, Masters D, Sequeira M, Saul P, Dunlop G, et al. Challenges in maintainingtreatment services for people who use drugs during the COVID-19 pandemic. Harm Reduct J.2020;17(26):1–7.
  63. Martinez-alvarez M, Jarde A, Usuf E, Brotherton H, Bittaye M, Samateh AL, et al. COVID-19pandemic in west Africa. Lancet Glob Health. 2020;8(5):e631–2 https://doi.org/10.1016/S2214-109X(20)30123-6.
  64. Adegoke Y. African economies will outperform global growth in 2020 despite a lag from itsbiggest countries. Qurtz Africa. 2020; Available from: https://qz.com/africa/1783714/african-economies-to-watch-in-2020-debt-and-climate-crisis/. 66. UNECA. Economic impact of the COVID-19 on Africa: United Nations Economic Commission forAfrica; 2020.
  65. You S, Tsowou K, Sommer L, Aidi W, Mevel S, Luke D, Karonga J, Adeyemi A, Desta M, Hasham N,Ruzvidzo T, Rosalie G, Gauci A, Sinha S, Yemeru EA, Zulu J, Lawson D, Mario Y, Ghebru TF, Seck M,Adam J-P, Mofor L, Murombedzi J, Lisinge R, Gatera S, Barka HB, Akinyemi O, Awel Y, Awoyemi B,Bayale N, Chavula H, Ibrahim M, Mpapalika J, Amandine NA, RM. COVID-19 in Africa: protecting livesand economies: United Nations Economic Commission for Africa; 2020.
  66. Odhiambo J, Weke P, Ngare P. Modeling Kenyan economic impact of corona virus in Kenya usingdiscrete-time Markov chains. J Financ Econ. 2020;8(2):1–7.
  67. World Banking Group (WBG). Assessing the economic impacts of COVID-19 and policy responses inSub-Saharan Africa: an analysis of issues shaping Africa’s economic future. African’s Pulse.2020;21(April):1–9.
  68. Jayaram K, Leke A, Ooko-Ombaka A, Sun YS. Tackling COVID-19 in Africa: an unfolding health andeconomic crisis that demands bold action: McKinsey and Company; 2020.
  69. COVID-19 will threaten African political stability. Emerald Insights. 2020:1–5. Available from:https://www.emerald.com/ insight/content/doi/10.1108/OXAN-DB251710/full/html May 25, 2020 at7:02%0A.
  70. UN. United Nations Economic Commission for Africa Policy Brief: Impact of COVID-19 in Africa.United Nations. 2020; (20):1–28 Available from:https://www.uneca.org/sites/default/files/PublicationFiles/sg_policy_brief_on_covid-19_impact_on_africa_may_2020.pdf.
  71. van Vuuren PJ. Factsheet: Africa’s leading causes of death in 2016. World Health Organ.2019;28:1–6 Available from: https://africacheck.org/factsheets/factsheet-africas-leading-causes-death/ May 25, 2020 at 7:21%0AThe.
  72. Murray CJL. Global, regional, and national age-sex specific mortality for 264 causes of death,1980 – 2016: a systematic analysis for the Global Burden of Disease Study 2016. Lancet.2017;390(1151):1980–2016.
  73. Tang K, Gaoshan J, Ahonsi B. Sexual and reproductive health (SRH): a key issue in the emergencyresponse to the coronavirus disease (COVID-19) outbreak. Reprod Health. 2020;17(59):17–9.
  74. Carrieri D, Peccatori FA, Boniolo G. COVID-19: a plea to protect the older population. Int JEquity Health. 2020;19(72):5–8.
  75. De Waal A. Governance implications of epidemic disease in Africa: updating the agenda forCOVID-19. London Sch Econ Polit Sci. 2020:1–10 Available from: http://eprints.lse.ac.uk/104471/.
  76. Ncube M, Lufumpa CL, Vencatachellum D, Murinde V. Aging population challenges in Africa. 2African Dev Bank. 2011; 1(1):1–19.
  77. Amimo F, Lambert B, Magit A. What does the COVID-19 pandemic mean for HIV, tuberculosis, andmalaria control? Trop Med Health. 2020;48(32):1–4.
  78. Judd Devermont EO. COVID-19 is an African political crisis as much as a health and economicemergency: Center for Strategic & International Studies; 2020. p. 1–6. Available from:https://www.csis.org/analysis/covid-19-african-politicalcrisis-much-health-and-economic-emergency.
  79. ICG. The COVID-19 pandemic and deadly conflict: managing the politics of Ethiopia’s COVID-19crisis: International Crisis Group; 2020. Available from: https://www.crisisgroup.org/africa/horn-africa/ethiopia/managing-politics-ethiopias-covid-1 9-crisis.
  80. Gouda HN, Charlson F, Sorsdahl K, Mph SA, Ferrari AJ, Erskine H, et al. Burden of non-communicable diseases in subSaharan Africa, 1990 – 2017: results from the Global Burden of DiseaseStudy. Lancet Glob Health. 2019;7(10):e1375–87 https://doi.org/10.1016/S2214-109X(19)30374-2.
  81. EISA. Electoral Institute for Sustainable Democracy in Africa. 2020 African election calendar,2020 African election calendar; 2020. p. 1–3. Available from: https://www.eisa.org.za/calendar.phpAccessed 2 July 2020.
  82. Chattu VK, Yaya S. Emerging infectious diseases and outbreaks: implications for women’sreproductive health and rights in resource- poor settings. Reprod Health. 2020;17(43):1–5.
  83. Waitzberg R, Davidovitch N, Leibner G, Penn N, Brammli-greenberg S. Israel’s response to theCOVID-19 pandemic: tailoring measures for vulnerable cultural minority populations. Int J EquityHealth. 2020;19(71):7–11. Publisher’s Note Springer Nature remains neutral with regard to jurisdictional claims in published maps and institutional affiliations

最近の遺伝子コラム

niPGT-A(非侵襲的着床前診断)とは~胚にダメージを与えない着...niPGT-A(非侵襲的着床前診断)とは~胚にダメージを与えない着床前検査

embryo
着床前検査(Preimplantation Genetic Testing: PGT)は、受精卵(胚)の移植前に細胞の一部を採取して染色体や遺伝子の異常を調べる妊娠前に行う検査です。しかし、この検査には受精卵に穴を開けて […]

母親からしか受け継がないDNAの存在、知っていますか?ミトコンドリ...母親からしか受け継がないDNAの存在、知っていますか?ミトコンドリアDNA

環状と直鎖
DNAの知識は、あなたの選択を助けます ミトコンドリアDNAと核DNAの違い 1.存在する場所、形や大きさが違う ミトコンドリアDNAはミトコンドリアの中、核DNAは核の中 ミトコンドリアDNAと核DNAの形と長さ 塩基 […]
PAGE TOP