【論文】医療従事者に対する COVID‐19 の身体的および精神的
健康影響:スコーピングレビュー

Natasha Shaukat, Daniyal Mansoor Ali and Junaid Razzak

要約

背景:

コロナウイルス病(COVID-19)のパンデミックは 198 カ国に広がり、4 月 18 日現在、世界中で約 240 万人が確認され、15 万人が死亡している。 最前線の医療従事者(医療従事者)は、過剰なCOVID‐19 曝露による感染と死亡のリスクがかなり高い。 本レビューは、医療従事者(医療従事者)に対する COVID‐19 パンデミックの身体的および精神的健康影響のエビデンスを要約することを目的とした。

方法:

Arksey O’Malley フレームワークを用いてスコーピングレビューを行った。 PubMed とGoogle Scholar の 2 つのデータベースを用いて系統的な文献検索を行った。 154 件の研究が見つかり、うち 10 件は我々の基準を満たしていた。 発表日、筆頭著者の国、論文のタイトル、研究デザイン、研究集団、介入と転帰、および主要所見に関する情報を収集し、すべての研究論文を 2 つの領域:身体的および精神的健康影響に分けた。

結果:

PubMed(126)および Google Scholar(28)の合計 154 件の論文をレビューしたところ、そのうち 58 件は重複論文であることが判明し、除外された。 残りの 96 件の論文のうち、82 件は適格性のスクリーニング後に除外され、4 件の論文は完全なテキストが入手できなかった。 10 件の全文記事をレビューし、本研究に含めた。

著者らの所見は、COVID-19 関連の健康影響の以下の危険因子を同定した:高リスク部門での作業、診断された家族メンバー、不十分な手指衛生、患者との接触前後の不適切な手指衛生、不適切なPPE 使用、患者との密接な接触(≧12 回/日)、長い 1 日接触時間(≧15 時間)、および保護されていない曝露。 医療従事者の間で確認された最も一般的な症状は、発熱(85%)、咳(70%)、脱力(70%)でした。 PPE の長期使用は、皮膚症状および皮膚損傷(97%)をもたらし、鼻ブリッジ(83%)が最も一般的に罹患部位となった。 医療従事者は、高レベルの抑うつ、不安、不眠、苦痛を経験しました。 女性の医療従事者と看護師は不釣り合いに影響を受けた。

結論:

第一線の医療従事者は、COVID-19 の患者にケアを提供した結果、直接的に身体的および精神的結果のリスクにさらされている。 介入研究はほとんどないが、初期のデータは、感染の可能性を減らすための実施戦略、より短い移動の長さ、精神保健支援のメカニズムが医療従事者の罹病と死亡を減らすことを示唆しています。

キーワード:

COVID-19、医療従事者、健康影響、危険因子、労働衛生

背景

コロナウイルス病 2019(COVID-19)は、2019 年 12 月に武漢市で初めて同定され、その後、湖北省および中国の他の地域に広がった[1,2]。 COVID-19 は、中国で重大な罹患率と死亡率を引き起こした後、2020 年 2 月までに、米国、イタリア、スペイン、ドイツ、フランス、イランを含む他の多くの国に広がった[3-5]。 4 月 18 日現在、COVID-19 は 198 カ国に広がり、240 万人が感染し、世界中で15 万人が死亡しており、世界的なパンデミックと考えられている[6-8]。

医療従事者(医療従事者)は、この感染症に罹患するリスクが高いグループのひとつである[9-11]。 中国では 3387 人の医療従事者に感染が報告され、22 人の医療従事者(0.6%)がこの疾患により死亡した[9, 12]。 同様に、イタリア(20%)、スペイン(14%)、フランス(医療従事者の 50 人以上)は、HCW感染率が高いことを報告しました[10、13、14]。 大きな負担を考えると、個人用保護具(PPE)の提供、訓練、疲労への対処、心理社会的影響への対処を通して、世界中の医療従事者を保護することがますます求められている[15-21]。

COVID-19 患者にケアを提供する医療従事者の健康への影響に関する文献は増えつつあり、様々な介入の有効性について医師や指導者を指導するためのレビューはない。 本スコーピングレビューは、医療従事者に対する COVID-19 パンデミックの身体的および精神的健康影響のエビデンスを要約することを目的とする。

方法

試験デザイン

Arksey と O’Malley による方法論的枠組みを用いて、スコーピング・レビューを行った[22]。 以下の 5 つのステップは、明確な研究課題と目的を特定すること、関連する論文を特定すること、論文の選択、データ抽出、データのチャート化、データの整理、要約、分析、報告を行うことであった[22]。 本レビューの指針となる主要な研究課題は、「第一線の医療従事者に対する COVID-19 患者の管理の身体的および精神的健康影響とは何か?」である。

文献検索戦略

PubMed または Medical Literature Analysis and Retrieval System Online(MEDLINE)およびGoogle Scholar を 2020 年 1 月から 3 月までの関連論文を検索した。 Boolean 演算子「OR/AND」を用いて、Medical subject 見出し(MeSH)を検索した。 検索語は、(「2019-nCoV」または「コロナウイルス」または「COVID-19」または「nCoV」)および(「医療従事者」)ならびに(「健康影響」または「身体的健康」または「精神的健康」)であった。

適格基準

COVID-19 が医療従事者の健康に及ぼす影響を評価する研究を含め、英語で発表され、2020 年 1 月から 3 月に発表された。 医療従事者には、医師、看護師、救急隊員、技術者を含むすべての臨床スタッフが含まれていた。 編集、解説、および英語以外の論文は除外した。

試験の特定と選択

2 名の研究者(NS および DMA)が文献を介して独自に検索した。 その後、2 セットの文献を比較し、重複する文献を削除した。 図 1 は、研究論文の検索と選択のプロセスを示す、系統的レビューとメタアナリシス(PRISMA)のための好ましい報告項目を示している。

選択した研究からのデータ抽出

論文の選定後、データ抽出形式でデータを抽出し、Excel スプレッドシートに記録した。 データ抽出フォームのドメインは、発表日、論文のタイトル、雑誌名、研究デザイン、研究の設定および集団、介入、報告されたアウトカム、および主要所見であった。

所見の要約

著者らは、著者らの知見を、以下の研究領域、すなわち、精神的健康影響と身体的健康影響に要約した。

結果

試験の特性

PubMed(126 論文)および Google Scholar(28 論文)から合計 154 論文を検索した。 重複論文 58 件を除外した。 残りの 96 件の論文のうち、82 件の論文は、医療従事者に対する COVID-19 の影響と関連していないか、論説または英語以外の言語で書かれており、英語翻訳は利用できず、除外された。残りの 14 件の論文のうち、4 件の論文は完全なテキストを入手できなかった。 10 件の全文記事をレビューし、本研究に含めた。 含まれた 10 件の研究のうち、2 件は中国語で書かれていたが、英語翻訳が利用可能であった。

研究領域

本レビューに含めた 10 件の研究のうち、5 件の研究が精神衛生への影響を評価し、5 件の研究が医療従事者に対する COVID-19 の身体的健康への影響を評価した。 これらの研究の方法論的特徴を表1 にまとめた。 6例は横断的、2例は介入、1 例は後ろ向きコホート、1 例はケースシリーズであった。 研究対象集団は、第一線の医師、看護師、および専門スタッフを含む男女の両方で構成された。 研究の大半(90%)は中華人民共和国(中国)の奨学生からのものであり、1 件はシンガポールを拠点とする奨学生からのものであった。 含まれた論文の医療従事者に対する COVID-19 の精神的健康および身体的健康影響に関する知見を表 2 にまとめた。

図 1 : 研究のデータベース検索のための PRISMA フローチャート

表 1: COVID-19 研究論文の方法論的特徴

研究領域試験デザイン
N (%
)
試験デザイン
N (%)
試験デザイン
N (%)
横断研究 3(30%)
インターベンション研究 2(20%)
医療従事者(看護師・医
師)4143 名
身体的健康影響横断研究 3(30%)
レトロスペクティブコホート研究
1(10%)
ケースシリーズ 1(10%)
医療従事者(看護師・医師)
4143 名医療従事者(看護師・医師)4143 名

表 2:含まれている COVID-19 研究論文の要約所見

著者, 年、国   試験名 試験
デザイン
および
  集団
   介入/転帰       主な所見
メンタル
ヘルスへ
の影響
Xiao H et
al. 2020,
China
中国における 2020
年 1 月と 2 月のコ
ロナウイルス疾患
2019(COVID‐19)
患者を治療する医
療スタッフの睡眠
の質に及ぼす社会
的支援の影響
横断
研究
N =180
不安、自己効力感、
ストレス、睡眠の
質、社会的支援
高いレベルの不安、ストレス、
および自己効力感は、睡眠の質
および社会的支援と関連していた
Huang JZ et
al. 2020,
China
COVID-19 の三次
感染症病院の医療
スタッフ 230 名を
対象とした精神保
健調査
横断
研究
N =246
精神衛生状態(不安お
よび心的外傷後スト
レス障害)
全体的な不安(23.04%)
重度の不安(2.17%)
中等度の不安(4.78%)
軽度不安(16.09%)
女性の不安は男性よりも高い
(25.67% vs 11.63%)
看護師の不安は医師よりも高い
(26.88% vs 14.29%)
ストレス障害(27.39%)
Chen Q et
al. 2020,
China
Chen Q et
al. 2020,
China
N =
1230
介入:スタッフの休憩
場所、食事と日常の
供給、スタッフの日
常生活のビデオ記
録、患者の心理的問
題に対処するための
就業前訓練、個人防
護具、余暇活動とリ
ラックスするための
訓練、心理カウンセ
ラー
転帰:過敏性、安静に
対する意欲不振、介
入前後の心理的苦痛
心理的介入から学ぶことで、中国政
府や世界の他の地域が、将来の予期
せぬ感染症のアウトブレイクにより
良く対応できるようになることが期
待されています。
Kang L et
al. 2020,
Wuhan,
China
2019 年の新規コロ
ナウイルスを扱っ
た中国武漢の医療
従事者の精神衛生
通信
N =
1230
介入:心理的介入医療
チーム、ホットライ
ン、ストレス解消の
ための各種グループ
活動の構築
転帰:介入前後のスト
レス、不安、抑うつ
症状、不眠拒否、怒
り、恐怖の変化
このアプローチは、医療従事者の精
神保健の多面的な心理的保護を提供
する。
Jianbo Lai
et al. 2020,
China
Jianbo Lai
et al. 2020,
China
横断
研究
N =
1257,
34の
病院
抑うつ、不安、不眠苦悩(50.4%)
不安(44.6%)
不眠(34.0%)
苦痛(71.5%)
看護師、女性、武漢、第一線の医療
従事者の心理的負担の増加
身体的健康
影響
Ran L et al.
2020,
Wuhan,
コロナウイルス疾
患 2019 の医療従事
者の危険因子:中国
武漢の指定病院に
おける後ろ向きコ
ホート研究
レトロ
スペク
ティブ
コホート
研究
N = 83
社会人口統計学的特
性、症状の進行まで
の時間、接触歴、医
療行為、手指衛生、
個人防護具
28 名の医療従事者が COVID-19 と 診断された 診断された家族(p < 0.01)、無資格 の手洗い(p < 0.05)、患者との接触 前の最適以下の手指衛生(p < 0.01)、および接触後(p < 0.01) 不適切な PPE(p < 0.05)は感染リス クの増加と関連していた
Liu M et al.,
2020, China
新規コロナウイル
ス肺炎に感染した
医療従事者 30 人の
臨床的特徴
横断
研究
N=30
新規コロナウイルス
肺炎の医療スタッフ
の臨床的特徴
計 30 例、軽症 26 例、重症 4 例
咳嗽(83.33%)
最も一般的な症状は発熱(76.67%)で
あった
Lan J et al.
2020,
Hubei,
China
コロナウイルス病2019 を管理する医
療従事者の皮膚損
横断
研究
N=700
COVID-19 患者を治
療する医療従事者の
間の予防措置に関連
する皮膚合併症
皮膚損傷の有病率:97%鼻ブリッジ
最も多い部位: 83.1%
乾燥・締め付け 70.3%
Kangqi Ng
et al. 2020,
Singapore
COVID-19 と医療
従事者へのリスク:
症例報告
症例
報告
N=41
エアロゾル発生手順
中に COVID-19 患者
に曝露された 41 名
の医療従事者におけ
る感染率
COVID-19 に感染し
た医療従事者はいな
かった。
医療従事者の 85%が手術用マスクを
着用していたが、15%がエアロゾル
発生処置中に N-95 を着用していた
サージカルマスク、手指衛生、およ
び他の標準的処置は感染を防ぐのに
十分であった
Vincent
C.C. Cheng
et al. 2020,
Hongkong
SARS-CoV-2 によ
るコロナウイルス
疾患 2019(COVID19)の急速に進展す
る疫学に対する感
染制御応答の増大
香港
横断
研究
N=413
保護されていない曝
露を受けた医療従事
者の接触者追跡調査
2.7%(11/413)の医療従事者が保護さ
れていない曝露を受けていたが、感
染した医療従事者はいなかった

メンタルヘルスへの影響

5 つの論文で、医療提供者へのメンタルヘルスの影響について論じられた。 ある研究では、精神保健評価尺度に回答した 230 人の医療従事者のうち、53 人(23.04%)が心理社会的問題を抱えていた。これら 53 名の医療スタッフのうち、感染性アウトブレイクにより精神保健問題にかかったのは、男性 5 名(9.43%)より女性 48 名(90.57%)、看護師 43 名(81.13%)の方が医師 10 名(18.9%)より多かった [23]。 医療従事者への心理的影響は、全体的不安(23~44%)、重度不安(2.17%)、中等度不安(4.78%)、軽度不安(16.09%)、ストレス障害(27.4~71%)、抑うつ(50.4%)、不眠(34.0%)[23,24]であった。 女性の不安は男性よりも高く(25.67% vs 11.63%)、看護師は医師よりも高かった(26.88% vs 14.29%)[23]。
接 COVID-19 患者ケアに従事する第一線の医療従事者は、うつ病(OR 1.52; 95% CI 1.11~2.09)、不安(OR 1.57; 95% CI 1.22~2.02)、不眠症(OR 2.97; 95% CI 1.92~4.60)、および苦痛(OR 1.60; 95% CI 1.25~2.04)のリスクが高かった[24]。

これらの研究で使用されたツールには、自己評価不安尺度[23、25]、全般性不安障害尺度[24]、一般自己効力感尺度[25]、スタンフォード急性ストレス反応質問票[25]、ピッツバーグ睡眠質問票[25]、不眠症重症度指数[24]、社会支援速度尺度[25]、心的外傷後ストレス障害自己評価尺度[23]、および事象の影響尺度[24]が含まれた。

身体的健康影響

医療提供者間の COVID-19 感染および死亡

中華人民共和国(中国)の初期の研究では、医療従事者は COVID-19 に対してより感受性が高いことが示されている。 PRC の医療従事者を対象とした研究では、COVID-19 のリスクは、感染症および肺疾患(RR = 2.13、95% CI 1.45-3.95)、診断された家族(RR = 2.76、95% CI 2.02-3.77)、不十分な手指衛生(RR = 2.64、95% CI 1.04-6.71)、患者との接触前後の最適以下の手指衛生(RR = 2.43、95% CI 1.34-4.39)、不適切な PPE(RR = 2.82、95% CI 1.11-7.18)、患者との密接な接触(12 回/日)、長い1日接触時間(≧15 時間)、および保護されていない曝露など、ハイリスク部門での作業と関連していることが示された。 一般的な症状は、発熱(85%)、咳嗽(80%)、脱力(70%)、胸部不快感(7%)、喀血 (7%)、頭痛(7%)、および下痢(7%)[17,26,27]であった。 同様に、別の研究では、COVID-19 が病院の医師 20 人と看護師 8 人を含む 30 人の医療スタッフに感染したことが示された。 このうち 26 例は軽度、4 例は重度の感染症であり、全例がこのウイルスに曝露されていた[27]。 シンガポールの1件の症例集積研究では、COVID の診断前に COVID-19 肺炎患者に曝露された 41 人の医療従事者の転帰が記録された。 41 名の医療従事者のうち、COVID-19 を発症した者はいなかった。 すべての医療従事者は、曝露時に外科用マスクと N 95 マスクを着用していた[28]。

皮膚症状

ウイルス性疾患に対する予防は、医療従事者が長期間個人用保護具(PPE)を着用しなければならないことを意味した。 ある横断的研究では、医療スタッフの 97%で皮膚損傷が示され、鼻ブリッジ(83.1%)が最も一般的な罹患部位であった。 最も一般的な主症状は、乾燥、緊張、落屑(70.3%)で、これらの症状は 6 時間以上の持続的 PPE 使用と 10 回/日以上の手指衛生と関連していました[29]。

考察

本レビューでは、医療従事者に対する COVID-19 の健康影響に関するエビデンスを照合する。 著者らの知見は、医療従事者が COVID‐19 パンデミックに起因する様々な健康上の影響を受けやすいことを示唆する。 COVID-19 感染者では、最も多くみられた症状は発熱および咳であり、地域でみられた症状と類似していた。 いくつかの危険因子が同定された:長時間労働、高リスク部門での労働、個人防護具の欠如、診断された家族、無資格の手洗い、不適切な感染管理。 さらに、長期間の PPE使用は皮膚損傷をもたらし、鼻ブリッジが最も一般的な部位であった。 最前線での COVID-19 との闘いは、医療従事者を心理的苦痛に脆弱にする。 この所見は、医療従事者における高いレベルの抑
うつ、ストレス、不安、苦痛、怒り、恐怖、不眠、心的外傷後ストレス障害を示します。 女性と看護師は、メンタルヘルスの影響を不釣り合いに受けた。 第一線の女性看護師は、患者との密接な接触の下、長時間労働に従事し、疲労、ストレス、不安を引き起こす可能性がある。 しかし、この知見は、将来に備えるためのさらなる研究を必要とする。

世界中で、COVID-19 は多数の第一線の医療従事者に影響を与えてきました。 2020 年 3 月現在、COVID-19 は中国で 3000 人以上の医療従事者に感染しているのみである[30]。 同様の状況は、エボラ出血熱(EVD)、中東呼吸器症候群(MERS)、および重症急性呼吸器症候群(SARS)の過去の集団発生でも確認されている[31-35]。 シエラレオネ、リベリア、ギニアの数字は、医療従事者[35]の間でエボラ出血熱の約 6~8%を示し、SARS は約 1000 人の医療従事者に感染し、1.4%の死亡は中国でのみ発生した[36]。 初期の COVID-19 研究では、罹病率および死亡率の懸念される状況が示されている[16, 20]。 医療従事者が COVID-19 による感染リスクが高いという事実は、多くの医療システムや救
急部門がその能力を最大限に発揮しているため、熟練労働者の不足をさらに悪化させるであろう[18、20、30、37]。

アウトブレイクの間、医療従事者はかなりのストレスを経験します。 エボラ出血熱の流行中の中国の研究で、医療従事者は極度の身体化、抑うつ、不安、強迫観念を報告しました[38]。 MERS の流行中、サウジアラビアの研究では、医療従事者のほぼ 3 分の 2 が MERS CoV に感染するリスクがあると感じ、職場では安全ではないと感じていたことが報告された[39]。 これらの知見は、保健医療従事者が伝染や家族への感染、情緒障害、不確実性、スティグマ[40, 41]に対する高レベルの恐怖を報告した過去の SARS 状況と一致している。 精神保健の危険因子には、圧倒的な状況、日常生活の社会的混乱、脆弱性の感覚、感染の危険性、家族や愛する人への感染の恐れなどがあります[11]。過去の
アウトブレイクでは、医療従事者は重大なストレスに悩まされており、COVID-19 でも同様の結果が期待されている。

このパンデミックをコントロールする上で直面する主要な課題の 1 つは、PPE の極度の不足である[18]。 感染性の高いパンデミックの問題は、すでに保健システムを危うくし、その結果、供給とPPE の不足を招いた。 例えば、エボラ出血熱の流行時には、多くの国が PPE 不足に直面した[35, 42]。 パンデミックでは、救急医療物資の確保は、国の公衆衛生上の緊急時対応システムに関連している[18]。 したがって、必要性、種類、質、量に基づいた物資の供給を確保するために、緊急備蓄医療物資計画を策定することが適切である。

パンデミックは医療従事者に重大な心理的影響を及ぼし、適切な心理的支援、介入、スタッフ支援の必要性を強調します。 中国の医療スタッフに対する COVID-19 に特有の心理的介入には、心理的介入支援チーム、心理カウンセリング、ヘルプラインの利用可能性、病院におけるシフトシステムの確立、医療支援のオンラインプラットフォーム、インセンティブ、適切な休憩と休息の提供、休息と睡眠の場の提供、ヨガ、思索と運動のような余暇活動、動機づけのためのセッションなどが含まれていた[15, 16]。 適切な対策を通して保健医療従事者の福祉を守ることは、アウトブレイクと闘うための国家の緊急公衆衛生対応において極めて重要なツールである。 もし時宜を得た措置が講じられなければ、病気は最終的には治まるものの、心理学的な病的状態に苦しむ患者の新たな急増が出現するであろう。

試験の長所と限界

スコーピングレビューでは、研究目的に従って系統的かつ精力的な検索戦略を適用した。 本研究は、最近の科学的証拠の要約を提示し、現在および将来のアウトブレイクに対する対応を強化する可能性がある。 パンデミックが急速に進んでいることを考えると、ここに示した研究は比較的短期間の追跡調査期間がある。 また、本レビューには英語で発表された研究のみが含まれており、他の言語で発表された所見を見逃していた可能性がある。 COVID-19 が医療従事者に及ぼす健康への影響の発生率は、研究の方法論的限界、特に実際の分母データを見つけるのが困難なため、文書化されていない。 最後に、介入研究は比較的少ない。

結論

医療従事者は、COVID-19 患者のケアを提供する役割のために、身体的および精神的な健康上の結果を生じるリスクがある。 以下の戦略の実施は、健康上の影響の負担を軽減するのに役立つであろう:個人用保護具の使用に関する適切な提供と訓練、厳格な感染対策の実施、勤務時間の短縮、メンタルヘルスとサポートサービスの提供。

略語

COVID-19:コロナウイルス疾患;医療従事者;医療従事者;個人用保護具;PRISMA:系統的レビューとメタアナリシスのための推奨報告項目;EVD:エボラウイルス疾患;MERS:中東呼吸器症候群;SARS:重症急性呼吸器症候群

参考文献

  1. Information for Healthcare Professionals: COVID-19 | CDC. https://www.cdc. gov/coronavirus/2019-nCoV/hcp/index.html.Accessed 27 Mar 2020.
  2. Technical guidance. https://www.who.int/emergencies/diseases/novelcoronavirus-2019/technical-guidance. Accessed 27 Mar
  3. Holshue ML, DeBolt C, Lindquist S, Lofy KH, Wiesman J, Bruce H, et al. First case of 2019 novel coronavirus in the United States. N Engl J Med. 2020; 382(10):929–36. https://doi.org/10.1056/NEJMoa2001191.
  4. Rothan HA, Byrareddy SN. The epidemiology and pathogenesis of coronavirus disease (COVID-19) outbreak. Journal of Autoimmun. Academic Press; 2020. p. 102433.
  5. Bassetti M, Vena A, Giacobbe DR. The novel Chinese coronavirus (2019- nCoV) infections: Challenges for fighting the storm. Eur J Clin Invest. 2020; 50(3):e13209. https://doi.org/10.1111/eci.13209.
  6. Situation reports. https://www.who.int/emergencies/diseases/novelcoronavirus-2019/situation-reports. Accessed 27 Mar
  7. Dong E, Du H, Gardner L. An interactive web-based dashboard to track COVID-19 in real time. Lancet Infect Dis. 2020.https://doi.org/10.1016/ S1473-3099(20)30120-1.
  8. Situation update worldwide, as of 28 March 2020. https://www.ecdc.europa. eu/en/geographical-distribution-2019-ncov cases. .
  9. Lin M, Beliavsky A, Katz K, Powis JE, Ng W, Williams V, et al. What can early Canadian experience screening for COVID-19 teach us about how to prepare for a pandemic? Can Med Assoc J. 2020;192(12):E314–8.
    https://doi. org/10.1503/cmaj.200305.
  10. Virus Knocks Thousands of Health Workers Out of Action in Europe.
    https://www.nytimes.com/2020/03/24/world/europe/coronavirus-europe-covid-19. html. Accessed 29 Mar 2020.
  11. Koh D. Occupational risks for COVID-19 infection. Occup Med (Lond). 2020; 70(1):3–5.
  12. Wang J, Zhou M, Liu F. Reasons for healthcare workers becoming infected with novel coronavirus disease 2019 (COVID-19) in China. J Hosp infect. 2020. https://doi.org/10.1016/j.jhin.2020.03.002.
  13. ICN tells BBC World News viewers: Rising rate in COVID-19 infection amongst health workers requires urgent action | ICN – International Council of Nurses. https://www.icn.ch/news/icn-tells-bbc-world-news-viewers-risingrate-covid-19-infectionamongst-health-workers. Accessed 29 Mar 2020.
  14. Lancet T. COVID-19: protecting health-care workers. Lancet. 2020;395(10228): 922. https://doi.org/10.1016/S0140-
    6736(20)30644-9. 15. Chen Q, Liang M, Li Y, Guo J, Fei D, Wang L, et al. Mental health care for medical staff in China during the COVID-19 outbreak. Lancet Psychiatry. 2020;7(4):e15–6.
  15. Kang L, Li Y, Hu S, Chen M, Yang C, Yang BX, et al. The mental health of medical workers in Wuhan, China dealing with the 2019 novel coronavirus. Lancet Psychiatry. 2020;7(3):e14.
  16. Ran L, Chen X, Wang Y, Wu W, Zhang L, Tan X. Risk factors of healthcare workers with corona virus disease 2019: A
    Retrospective Cohort Study in a Designated Hospital of Wuhan in China. Clin Infect Dis. 2020.
    https://doi.org/10.1093/cid/ciaa287.
  17. Wang X, Zhang X, He J. Challenges to the system of reserve medical supplies for public health emergencies: reflections on the outbreak of the severe acute respiratory syndrome coronavirus 2 (SARS-CoV-2) epidemic in China. Biosci Trends. 2020;14(1):3–8.
  18. Cascella M, Rajnik M, Cuomo A, Dulebohn SC, di Napoli R. Features, evaluation and treatment coronavirus (COVID-19). StatPearls Publishing. 2020;20.
  19. Cavallo JJ, Donoho DA, Forman HP. Hospital capacity and operations in the coronavirus disease 2019 (COVID-19) pandemic—planning for the nth patient. JAMA Health Forum. 2020;1(3):–e200345.
  20. Legido-Quigley H, Mateos-García JT, Campos VR, Gea-Sánchez M, Muntaner C, McKee M. The resilience of the Spanish health system against the COVID19 pandemic. The Lancet Public Health. 2020;2667(20):19–20.
  21. Arksey H, O’Malley L. Scoping studies: Towards a methodological framework. Int J Soc Res Methodol. 2005;8(1):19–32.
  22. Huang JZ, Han MF, Luo TD, Ren AK, Zhou XP. Mental health survey of 230 medical staff in a tertiary infectious disease hospital for COVID-19. Chin J Ind Hyg Occup Dis. 2020;38(0):E001.
  23. Lai J, Ma S, Wang Y, Cai Z, Hu J, Wei N, et al. Factors associated with mental health outcomes among health care workers exposed to coronavirus disease 2019. JAMA Netw Open. 2020;3(3):e203976.
  24. Xiao H, Zhang Y, Kong D, Li S, Yang N. The effects of social support on sleep quality of medical staff treating patients with coronavirus disease 2019 (COVID-19) in January and February 2020 in China. Med Sci Monit. 2020;26:e923549.
  25. Cheng VCC, Wong S-C, Chen JHK, Yip CCY, Chuang VWM, Tsang OTY, et al. Escalating infection control response to the rapidly evolving epidemiology of the Coronavirus disease 2019 (COVID-19) due to SARS-CoV-2 in Hong Kong. Infect Control Hosp Epidemiol. 2020;5:1–6.
  26. Liu M, He P, Liu HG, Wang XJ, Li FJ, Chen S, et al. Clinical characteristics of 30 medical workers infected with new coronavirus pneumonia. Chin J Tuberc Respir Dis. 2020;43(3):209–14.
  27. Ng K, Poon BH, Kiat Puar TH, Shan Quah JL, Loh WJ, Wong YJ, et al. COVID19 and the Risk to Health Care Workers: A Case Report. Ann intern Med. 2020 Mar 16. https://doi.org/10.7326/L20-0175.
  28. Lan J, Song Z, Miao X, Li H, Li Y, Dong L, et al. Skin damage and the risk of infection among healthcare workers managing coronavirus disease-2019. J Am Acad Dermatol. 2020. https://doi.org/10.1016/j.jaad. 2020.03.014.
  29. Remuzzi A, Remuzzi G. COVID-19 and Italy: what next? The Lancet. 2020. https://doi.org/10.1016/S0140-6736(20)30627-9.
  30. Ebola Virus Disease in Health Care Workers — Guinea, 2014.
    https://www.cdc.gov/mmwr/preview/mmwrhtml/mm6438a6.htm. .
  31. Senga M, Pringle K, Ramsay A, Brett-Major DM, Fowler RA, French I, et al. Factors underlying ebola virus infection among health workers, Kenema, Sierra Leone, 2014-2015. Clin Infect Dis. 2016;63(4):454–9.
  32. Shalhoub S, Al-Hameed F, Mandourah Y, Balkhy HH, Al-Omari A, al Mekhlafi GA, et al. Critically ill healthcare workers with the middle east respiratory syndrome (MERS): A multicenter study. PLoS One. 2018 Nov 15;13(11): e0206831.
  33. Chan-Yeung M. Severe acute respiratory syndrome (SARS) and healthcare workers. Vol. 10. Int J Occup Environ Health. 2004;10(4):421–7.
  34. Health worker Ebola infections in Guinea, Liberia and Sierra Leone.
    https://www.who.int/hrh/documents/21may2015_web_final.pdf. Accessed 10 Apr 2020.
  35. Zhou P, Huang Z, Xiao Y, Huang X, Fan X-G. Protecting Chinese healthcare workers while combating the 2019 novel
    coronavirus. Infect Control Hosp Epidemiol. 2020;5:1–4.
  36. Evans DK, Goldstein M, Popova A. Health-care worker mortality and the legacy of the Ebola epidemic. Lancet Glob Health. 2015;3(8):e439–40.
  37. Ji D, Ji Y-J, Duan X-Z, Li W-G, Sun Z-Q, Song X-A, et al. Prevalence of psychological symptoms among Ebola survivors and healthcare workers during the 2014-2015 Ebola outbreak in Sierra Leone: a cross-sectional study. Oncotarget. 2017;8(8):12784–
  38. Abolfotouh MA, AlQarni AA, Al-Ghamdi SM, Salam M, Al-Assiri MH, Balkhy HH. An assessment of the level of concern among hospital-based healthcare workers regarding MERS outbreaks in Saudi Arabia. BMC infect Dis. 2017;17(1):4.
  39. Maunder RG, Lancee WJ, Balderson KE, Bennett JP, Borgundvaag B, Evans S, et al. Long-term psychological and occupational effects of providing hospital healthcare during SARS outbreak. Emerg Infect Dis. 2006;12(12): 1924–32.
  40. Maunder R, Hunter J, Vincent L, Bennett J, Peladeau N, Leszcz M, et al. The immediate psychological and occupational impact of the 2003 SARS outbreak in a teaching hospital. CMAJ. 2003;168(10):1245–51. 42. Selvaraj SA, Lee KE, Harrell M, Ivanov I, Allegranzi B. Infection rates and risk factors for infection among health workers during
    ebola and Marburg virus outbreaks: a systematic review. J Infect Dis. 2018;218(suppl_5):S679–89.

最近の遺伝子コラム

niPGT-A(非侵襲的着床前診断)とは~胚にダメージを与えない着...niPGT-A(非侵襲的着床前診断)とは~胚にダメージを与えない着床前検査

embryo
着床前検査(Preimplantation Genetic Testing: PGT)は、受精卵(胚)の移植前に細胞の一部を採取して染色体や遺伝子の異常を調べる妊娠前に行う検査です。しかし、この検査には受精卵に穴を開けて […]

母親からしか受け継がないDNAの存在、知っていますか?ミトコンドリ...母親からしか受け継がないDNAの存在、知っていますか?ミトコンドリアDNA

環状と直鎖
DNAの知識は、あなたの選択を助けます ミトコンドリアDNAと核DNAの違い 1.存在する場所、形や大きさが違う ミトコンドリアDNAはミトコンドリアの中、核DNAは核の中 ミトコンドリアDNAと核DNAの形と長さ 塩基 […]
PAGE TOP