【論文】COVID-19 の生存者は心的外傷後ストレス障害の
リスクが高い

Shuiyuan Xiao , Dan Luo and Yang Xia

要約

心的外傷後ストレス障害(PTSD)は、主要な心理的外傷によって引き起こされる一般的な精神障害である。 重篤な苦痛や障害を引き起こすことがある。 以前の流行研究では、感染症の流行に起因する外傷に暴露された人々の間で高い有病率が報告されている。 COVID-19 の患者の流行およびケアの制御は依然として世界中で主要な課題であるが、この解説では、膨大な数の COVID-19 生存者、その家族、医療専門家、および他の第一選択ヘルパーの間で、早期介入および PTSD の予防に注目することが求められている。

キーワード:

コロナウイルス病 2019、心的外傷後ストレス障害、予防

背景

世界保健機関は、2019 年のコロナウイルス病(COVID-19)のアウトブレイクがパンデミックであると宣言した。 2020 年 5 月 11 日現在、世界保健機関(WHO)に報告された COVID-19 による死亡は、200 以上の国と地域[1]で、4 例、006 例、257 例、278 例、892 例である。 感染者数や死亡者数が増え続ける中で、世界中で感染者数を予測するのはまだ時期尚早です。 一方で、何百万人もの人々が、健康、生命、富の喪失の可能性を恐れ、パニックさえ抱えている。 COVID-19 に関連した苦痛を経験したり目撃したりすると、心的外傷後障害(PTSD)、生存者、家族、初期補助やケアを提供する人々(医療および公衆衛生の専門家、警察官など)、さらには一般市民の間で重篤な苦痛や障害につ
ながる精神障害の高い有病率をもたらすことがある。 COVID-19 の患者の流行およびケアの制御は依然として世界中で主要な課題であるが、この解説は、被災集団における PTSD の早期介入および予防に注目することを求めている。 PTSD は、戦争や災害から、道路交通事故や労働災害などの個々の出来事に至るまで、さまざまな心的外傷の出来事の一般的な病理学的転帰である[2]。 PTSD 患者は過去の外傷の影の下で生活している。 米国精神医学会の第 5 版(DSM-5)[3]である精神疾患の診断と統計によって定義される PTSD の主要症状には、持続的な侵入症状、刺激の持続的回避、認知または気分の負の変化、および覚醒および反応性の顕著な変化が含まれ、これらはいずれも経験した
心的外傷事象と関連している。 PTSD は、社会的、職業的、またはその他の重要な機能領域において、臨床的に重大な苦痛または障害をもたらす。 疫学的データによると、PTSD が寛解に至るまでの期間の中央値は、メンタルヘルスの問題(必ずしも PTSD ではない)に介助を求めた人では 36 ヵ月、メンタルヘルスの問題に介助を求めなかった人では約 64 ヵ月である。PTSD と診断された患者の約 3 分の 1 が慢性経過をたどった[4]。

感染症流行とPTSD

感染症の流行に曝されると、心理的外傷の特定のタイプが生じ、3 つのグループに分類される。 1 つ目は、症状と心的外傷治療を直接経験し、それに苦しむことである。 例えば、呼吸困難、呼吸不全、歩行、意識状態の変化、死亡の脅威、気管切開など。 重症 COVID-19 患者の重大な外傷である。 第二に、患者が感染症に苦しみ、苦しみ、闘い、死亡したことを目の当たりにしている。感染症は、他の患者、患者の家族、または患者のための援助とケアを直接提供する人々に直接的な影響を与える。 3 つ目は、感染、社会的孤立、排除、偏見に対する現実的または非現実的な恐怖を経験することである。 これは、患者、家族、介護者、ヘルププロバイダー、さらには一般市民にも直接影響する。 SARS、MERS、エボラ出血熱、インフルエンザ、HIV/エイズなどの感染症の流行後、生存者、犠牲者家族、医療従事者、一般市民の間で、精神保健問題の有病率がかなり高いことが疫学的研究から示されている。 これらの精神衛生上の問題の大部分は流行後に消失するが、PTSD の症状は長期間持続し、重篤な苦痛および能力障害をもたらすことがある。 感染症アウトブレイク(2003 年の SARS アウトブレイク後、2009 年の H1N1 アウトブレイク、および HIV への職業的暴露)の心理学的結果の系統的レビューから、医療専門家における PTSD の平均有病率は約 21%(10~33%の範囲)であり、40%が暴露後 3 年で持続的に高い PTSD 症状を報告したことが示されている。 PTSD 症状はまた、暴露された医療従事者(医療従事者)の方が非暴露対照群よりも有意に高く、特に関連する医療従事者の間で顕著で、看護師と医師がそれに続いた[5]。 SARS 生存者における長期精神疾患の研究は、PTSD が最も有病率の高い長期精神疾患であることを明らかにした。 PTSD 患者の累積割合は 47.8%であったが、SARS 後 30 ヵ月時点で 25.5%が PTSD 基準を満たし続けた[6]。 リベリアでエボラ出血熱を克服した 116 人のうち、76 人(66%)がアウトブレイク 3 年後に心的外傷後ストレス障害の DSM-IV 診断基準を満たした(Nyanfor SS, Xiao SY: Survivors in Liberia におけるエボラ出血熱の心理的影響: 後ろ向きコホート研究を提出)。

予測因子であると思われる。 ほとんどの疫学研究は、生存者が PTSD の有病率が最も高いことを報告しており、次いで、犠牲者の家族、感染症患者にケアを提供する医療専門家、およびその他の者が続いていることを示している。 女性、高齢者、小児、教育水準の低い低所得層は、PTSD に対してより脆弱であり、一方、慢性精神障害および身体障害、神経症性人格、社会的つながりの欠如および社会的支援などの共存症である。 考えられる危険因子であり、早期の心理社会的介入は PTSD の防御因子となりうる[7]。

感染症流行後のPTSD予防

感染症の流行により影響を受けた人々にメンタルヘルスサービスを提供することの重要性は、学会や一般市民から高い評価を受けています。 2007 年、機関間常設委員会(IASC)は、緊急事態における精神保健と心理社会的支援に関するガイドライン[8]を発表したが、これは感染症の流行を含む災害後の精神保健サービスに広く適応されている。 IASC のガイドラインは、(1)被災集団に対する基本的サービスと安全の回復、(2)家族とコミュニティのネットワークの強化、(3)苦しんだ個人への心理社会的支援の提供(4)重度の被災者に対する専門的な精神保健介入の提供という、4 段階の介入ピミッドに基づいて編成されている。 他の戦略や介入モデルもまた、さまざまな状況で実践されている[9]。 しかしながら、災害後の PTSD の予防を対象とした系統的で適切にデザインされた介入研究は、現在まで利用できない。

結論

現在の COVID-19 に曝露されている人々の数が既に多く、今後も増加することを考慮すると、生存者や COVID-19 に曝露された他の人々に PTSD の予防を目的としたメンタルヘルスサービスを提供することが急務であると考えられる。 可能な戦略としては、健康教育、一般集団に対する心理社会的支援およびカウンセリングサービス、ならびに、心理社会的支援、心理療法、および脆弱および高リスクグループに対する薬理学的治療を含む早期介入が挙げられるが、これらに限定されない。 可能であれば、アウトカムを厳密に評価した系統的で適切にデザインされた介入試験もまた、他の感染症の流行に罹患した人々における PTSD 予防の戦略およびモデルの開発に光を当てることができる。

略語

COVID-19:コロナウイルス疾患 2019;WHO:世界保健機関;PTSD:心的外傷後障害;DSM-5:精神疾患の診断と統計、
第 5 版;SARS:重症急性呼吸器症候群;MERS:中東呼吸器症候群;HIV:ヒト免疫不全ウイルス;AIDS:後天性免疫不全症候群;医療従事者;IASC:機関間常設委員会

参考文献

  1. World Health Organization: Coronavirus disease 2019 (COVID-19) Situation Report-112.
    https://www.who.int/emergencies/diseases/novel-coronavirus-2 019/situation-reports. Accessed 12 May 2020.
  2. Shalev AY, Marmar CR. Posttraumatic stress disorder. In: Sadock BJ, Sadock AV, Ruiz, editors. Kaplan and Sadock ’s
    comprehensive textbook of psychiatry. 10th ed. Philadelphia: Wolters Kluwer; 2017.
  3. American Psychiatric Association. Diagnostic and statistical manual of mental disorder, 5th edition (DSM-5). Washington: American Psychiatric Publishing; 2013.
  4. Kessler RC, Chiu WT, Demler O, Merikangas KR, Walters EE. Prevalence, severity, and comorbidity of 12-month DSM-IV disorders in the National Comorbidity Survey Replication. Arch Gen Psychiatry. 2005;62(6):617 –27.
  5. Vyas KJ, Delaney EM, Jennifer A, et al. Psychological impact of deploying in support of the U.S. response to Ebola: a systematic review and meta-analysis of past outbreaks. Mil Med. 2016;181(11):1515–31.
  6. Mak IWC, Chu CM, Pan PC, Yiu MGC, Chan VL. Long-term psychiatric morbidities among SARS survivors. Gen Hosp Psychiatry. 2009;31(4):318 –26.
  7. Mak IWC, Chu CM, Pan PC, Yiu MGC, Ho SC, Chan VL. Risk factors for chronic post-traumatic stress disorder (PTSD) in SARS survivors. Gen Hosp Psychiatry. 2010;32(6):590 –8.
  8. Inter-Agency Standing Committee. IASC guidelines on mental health and psychosocial support in emergency settings. Geneva: Inter-Agency Standing Committee; 2007.
  9. Cénatan JM, Mukunzia JN, Noorishada PG, Rousseaub C, Derivoisc D, Bukakad J. A systematic review of mental health programs among populations affected by the Ebola virus disease. J Psychosom Res. 2020;131: 109966.

最近の遺伝子コラム

niPGT-A(非侵襲的着床前診断)とは~胚にダメージを与えない着...niPGT-A(非侵襲的着床前診断)とは~胚にダメージを与えない着床前検査

embryo
着床前検査(Preimplantation Genetic Testing: PGT)は、受精卵(胚)の移植前に細胞の一部を採取して染色体や遺伝子の異常を調べる妊娠前に行う検査です。しかし、この検査には受精卵に穴を開けて […]

母親からしか受け継がないDNAの存在、知っていますか?ミトコンドリ...母親からしか受け継がないDNAの存在、知っていますか?ミトコンドリアDNA

環状と直鎖
DNAの知識は、あなたの選択を助けます ミトコンドリアDNAと核DNAの違い 1.存在する場所、形や大きさが違う ミトコンドリアDNAはミトコンドリアの中、核DNAは核の中 ミトコンドリアDNAと核DNAの形と長さ 塩基 […]
PAGE TOP