トップページ

東京衛生検査所とは

医療法の改正で血液検査を含む検体を病院やクリニックなどの医療機関から直接海外に送ることができなくなりました。 東京衛生検査所では米国のイルミナ社の完全子会社であるベリナタ・ヘルス社と契約しており、各医療機関様のNIPT検査の受託、遺伝子検査をお手伝いしています。

また、NIPTの検査を真剣にお考えの妊婦さんに向けてお近くの提携医療施設のご案内と、NIPTに対するご質問や不安などについてのサポートもさせていただいております。

ご自身の身体のこと、家族の身体のこと。患者様の身体のこと。 これからは「知らなかった」ではなく「知った上で準備をする」時代なのではないでしょうか。 全ての妊婦さんには「知る権利」があります。そして、それを伝える事のできる「知る技術」が医療機関様にはあります。 それぞれの「知る技術」と「知る権利」を東京衛生検査所が全力でサポートいたします。

事業内容

NIPT検査受託

遺伝子検査

全世界から信頼のあるイルミナ社の完全子会社でアメリカカリフォルニア州に本社のある、ベリナタヘルス社と契約をしております。 通常の13番、18番、21番染色体および性染色体の数量の推定だけでなく、全染色体の計測及び、微小欠失症候群のスクリーニング検査も行っています。

ベリナタ・ヘルス社(Verinata Health, Inc.)について。

同社は、当医療法人がNIPT検査に当たって提携したイルミナ社(Illumina, Inc.)の100%子会社です。 当医療法人の検査はベリナタ社の検査所(米国カリフォルニア州フォスターシティ市)で行われています。 遺伝子研究は、理論研究よりもNIPT検査の形で臨床研究先行で発展してきたと言われていますが、ベリナタ社は2012年当時、世界で2番目にNIPTを始めた会社 とされています(検査方式は世界初の会社と同じ、無細胞DNAを用いたMPS法(大規模並列配列決定法)です)。 現在、同社では、検査結果を用いた商業ベースの活動として、検査の精度を高めるための測定基準の研究のほか、患者のカウンセリングに活かすための統計研究 および陽性判定が出た患者に行う診断的検査の研究などを行っている模様です。 ベリナタ社の検査所は、米国内で臨床検査機関が受けなければならないCLIA(臨床検査室改善法)の認定を受けているほか、CAP(米国病理学会)による検査室認定も受けています。

CLIA number : 05D2013691

CAP number : 7519312
CLIA number : 05D2013691