このサイトは2019年9月12日をもちまして、当社(株式会社Human Investor)に譲渡されましたのでお知らせいたします。
当社がサイトの運営を引き継ぐにあたり、当社の意向に反する記事は削除させていただきました。
今後NIPTについて知りたい多くの人の為に、情報の共有ができる場として公平なサイト作りを目指していきたいと考えております。

新型出生前診断 / NIPTとは

新型出生前診断(NIPT)とは、「母体から採血し、その血液を検査することにより胎児の染色体異常を調べる検査」のことです。 新型出生前診断という名称自体は日本での通称名です。 従来の血液による出生前診断と比較して感度、特異度からみる検査自体の精度がきわめて良いものです。

NIPTのメリット

POINT1

胎児へのリスクが無い

NIPTは採血のみで検査ができ、流産のリスクがありません。

POINT2

妊娠周期10週目から検査可能

従来の非確定的検査(母体血清マーカーやコンバインド検査)は、早くても妊娠11週以降でないと受けることができませんでしたが、NIPTは妊娠10週以降から受けることが可能です。

POINT3

検査精度が高い

検査で陽性かつ出産後も陽性という確率を示す「感度」、検査で陰性かつ出産後も陰性という確率を示す「特異度」の高さが、感度99%、特異度99.9%の検査精度です。

日本国内でのNIPTや、出生前診断について

日本では、様々な理由で、NIPTなどの出生前診断について、肯定的な意見と反対的な意見と賛否両論あるのが現状の様です。

まず、NIPTなどの出生前診断に反対的な意見ですが、「アメリカなどと異なり、障害児について社会的対応や、ケアの考えが遅れており、中絶が第一選択肢になってしまっている」「胎児も立派な生命なので、中絶を選択することは殺人に等しい」「NIPTなどの出生前診断の結果によって、中絶したものの後悔する場合もある」など倫理的な問題が多く挙げられます。

肯定派の意見としては、「不安の多い出産前に、一つの不安材料から解放されることで安心できた」「自分だけの苦労ならまだしも、自分たちが死んだあとのことなど含め、子供自身の将来を考えると子供へのリスクは大きいので、決断は必要だと思う」「結果如何にかかわらず、心構えや事前に準備期間があるに越したことは無い」などがあります。

NIPTなどの出生前診断は便利ですが、同時にデメリットやリスクもあることもふまえ、検討する際は医師やカウンセラーにしっかりした「遺伝カウンセリング」を受けることが大切です。

最近の記事

NIPT情報関連

検査

NIPTの年齢制限について

変わりつつあるNIPTの条件NIPT(新型出生前診断)を受けるにあたり、NIPT認可施設での検査が強く勧められています。NIPT認可施設は92施設ありま…

PAGE TOP